23/06/2015 10:28 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相、ミャンマーでの経済協力サミットに出席

ミャンマーのテインセイン大統領の招きに応じて、グェン・タン・ズン首相率いるベトナム代表団は、ミャンマーで第7回カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナム協力首脳会議、及びACMES=エー ヤーワディ・チャオプラヤ・メコン経済協力戦略の第6回首脳会議に出席する為、22日昼、ミャンマーの首都ネピドーに到着しました。ネピドー国際空港で、ゼー・ヤー・アウン エネルギー大臣、ミャンマー外務省の代表、及び在ミャンマーベトナム大使らがズン首相を迎えました。22日午後、ズン首相は、カンボジア、ラオス、ミャンマーの指導者らと共に、第7回カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナム協力首脳会議に参加しました。

第7回ベトナム・ラオス・カンボジア・ミャンマー経済協力サミットでは、4カ国の首脳らは、メコン協力体制や、二国間関係、地域の持続可能な発展の強化策などを点検します。また、日本や、アメリカ、韓国、ADB=アジア開発銀行との協力事業の結果を評定した上で、ASEAN経済共同体の構築と効果的運営へ向けて、今後のその協力の促進方向を定めます。

一方、ACMECSでは、ズン首相は、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイの指導者らとともに、2013~2015年期におけるACMECSの工業・エネルギー・観光・貿易・投資・農業・人材育成・交通・医療・環境・社会安全保障協力に関する行動計画の実施状況を点検します。

ニュースの後、メコン川流域協力とその強化策についてお伝えしますので、どうぞお聴き下さい。
:VOV