01/10/2015 10:49 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相、ベトナムグローバル投資フォーラムに出席

9月30日午前、ハノイで、ベトナムグローバル投資フォーラムが始まり、グェン・タン・ズン首相が出席しました。ベトナム計画投資省とユーロマネー誌の共催により行われたフォーラムには地域と世界の多くの企業や投資家の代表が出席しました。

会議で、ズン首相はこの30年、ベトナムはドイモイ事業を実施してきたことにより収めた成果を総括しました。ズン首相によりますと、この5年は多くの困難に直面したもののベトナムのGDP=国内総生産の成長率は年平均6%に達した。現在、世界の105の国々と地域の投資家はベトナムに総額2700億ドル相当の1万9千件の投資プロジェクトを実施している」と明らかにし、次のように語りました。
(テープ)

「ベトナムは市場経済体制の完備に全力を尽くしています。その中で、行政手続きの改革、人材育成の質的向上、インフラ整備の改善を集中的に行ないます。私たちは2016年中、関税、税関、社会保険、建設、土地などに関する経営環境の指標がタイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアのASEAN4カ国並になるように取り組んでいます。今後、ベトナムはTPP=環太平洋経済連携協定、ベトナムとEU=欧州連合との自由貿易協定が締結されます。これにより、ベトナムの投資経営環境はさらに改善されることでしょう」

このように語ったズン首相は「現在、ベトナム政府は公的投資環境の改善を進め、国内外の民間企業はインフラ整備への投資に便宜をはかる」と明らかにしました。
:VOV