04/02/2014 11:52 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相、ゴミ処理場を訪れる

2日午後、グェン・タン・ズン首相は南部ホーチミン市ビンチャイン県にあるゴミ処理場を訪れ、テトの挨拶を行った。

このゴミ処理場の幹部、スタッフとの懇親会で、ズン首相はアメリカ在住ベトナム人共同体が母国に投資したことを高く評価するとともに「このゴミ処理場は国の環境保護事業に寄与するだけでなく、様々な製品を生産できるよう」希望を表明した。

なお、アメリカ在住ベトナム人の企業により建設された1億5千万ドル相当の投資額を持つこのゴミ処理場は1日平均で3千トンのゴミを処理しており、ベトナムで最も近代的ものとなっている。
ソース:VOV