19/06/2015 10:30 GMT+7 Email Print Like 0

シンポジウム「ベトナム革命報道の90年間の道のり」

18日、ハノイで、ベトナムジャーナリスト協会、共産党宣伝教育委員会、情報通信省の共催により、「ベトナム革命報道の90年間の道のり・伝統、本領、及び、責任」をテーマとしたシンポジウムが行われた。
シンポジウムで、情報通信省のグェン・バク・ソン大臣は「国の発展事業に対する報道機関の重要な役割を強調した上で、報道機関は汚職、浪費、官僚主義との戦いに大きく貢献し、国の海と島の領有権確保に参加していた」と明らかにした。
また、シンポジウムで発表されたスピーチはジャーナリストの政治的本領、職業道徳の向上の重要性を強調すると共に、今後の報道活動の質的向上を目指すあるべき姿が出された。
ソース:VOV