16/01/2016 11:57 GMT+7 Email Print Like 0

サン国家主席、裁判所部門の健全化を要求

 15日、ハノイで、ベトナム最高人民裁判所は、2015年の活動を総括し、2016年の計画展開について討議する会議を開きました。

会議で、チュオン・タン・サン国家主席は挨拶をし、その中で、裁判所部門が2015年に達成した成果を高く評価しました。また、2016年は第12回党大会の決議の実施、及び、ASEAN経済共同体やTPP環太平洋経済連携協定の展開などを促進する年であるとの明らかにし、こうした状況を受け、各レベルの裁判所は任務を全うするため、さらに努力する必要があると述べました。サン主席は次のように語りました。

「最高人民裁判所は各地方と緊密に連携し、各レベルの裁判所に第12回党大会の決議の徹底的な実施を指導する必要があります。また、2013年憲法、党の決議、法律、司法改革に関する国会の法令などの実施を促進すると共に、党の決議や憲法、法律を早めに実行に移すために、法律の新規定に見合わない規則の撤廃を提案して頂きたいと思います。」
このように語ったサン主席は、2014年の人民裁判所組織法の展開を促進し、地方から中央までの裁判所組織を健全化する必要があると述べました。そして、ASEAN諸国を始め、世界各国の裁判所との協力を拡大するようとの希望を表明しました。

ソース:VOV