04/09/2015 10:13 GMT+7 Email Print Like 0

サン国家主席、反ファシスト戦勝70周年記念式典に列席

3日午前、中国の北京市中心部の天安門広場と目抜き通りの長安街で「世界反ファシズム戦争勝利70周年」の記念式典が行われ、30カ国の元首、首脳やパン・ギムン国連事務総長、国際組織の代表らが参加しました。ベトナムからはチュオン・タン・サン国家主席率いる代表団が臨みました。

式典で、習近平国家主席は演説を行い、「戦勝国」としての立場を誇示し、中国が国際秩序構築に関与を強めていくことに意欲を表明しました。

その後、兵士1万2千人による大規模な軍事パレードも行われ、国産弾道ミサイルなどの新兵器を初公開、軍事力を国内外にアピールしました。

1949年の共産党政権発足以降、反ファシスト戦争勝利をテーマに軍事パレードを実施するのは初めてのことです。習主席は「中国人民は巨大な犠牲を強いられながら、世界の反ファシズム戦争勝利に大きな貢献をした」と述べました。
ソース:VOV