11/05/2015 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

サン国家主席、ロシア共産党党首と会見

8日、ロシアで開催されている大祖国戦争勝利70周年記念式典に参列するためにロシアを訪問中のチュオン・タン・サン国家主席はゲンナジー・アンドレーエヴィッチ・ジュガーノフロシア連邦共産党党首と会見しました。

席上、ジュガーノフ党首は「ロシア共産党は常にベトナムとの関係の強化に関するロシアの大統領と政府の政策を支持している」と明らかにしています。一方、サン主席は、「今後もベトナム共産党とロシア共産党は協力を強化していく必要がある」と訴えました。

同日、サン主席は、ロシアの企業経営者とも会見を行い、「ベトナムは常に、ロシア企業を歓迎し、ロシア企業のベトナムへの投資に有利な条件を作り出している」と再確認しました。

一方、サン主席との会見で、ロシアの潜水艦建造企業の指導部は、「ベトナムとの関係を重要視しており、これまで、ベトナムに3隻の潜水艦を移転したが、残りの3隻をできるだけ早く移転する」と明らかにしました。

これに対し、サン主席は「軍事技術分野において、ロシアはベトナムの最も重要な相手国である」と強調した上で、「今後も、その協力を拡大させ、これまで達成されてきた合意を展開させていくよう」訴えました。
ソース:VOV