02/03/2016 10:34 GMT+7 Email Print Like 0

サン国家主席、ハイフォンを訪れる

1日、チュオン・タン・サン国家主席率いる中央作業グループは北部港湾都市ハイフォンを訪れ、同市の投資誘致、工業団地の開発状況を視察しました。

ハイフォン市の指導部と会合を行った際、サン国家主席は「ハイフォン市は北東地域の重点的経済地区の一つとして、投資誘致の面において直面している困難解決のため提案する必要がある」と述べると共に、「重要なインフラ整備のため、外国からの投資と社会化を強化するよう」求めました。この機に、サン主席はチャンケン歴史遺跡に線香を手向けました。この遺跡で、かつて、ベトナムが3回にわたり北方からの侵略者を打ち破れました。この遺跡で、サン主席は民族の英雄に感謝の気持ちを表すと共に、「全党、全軍、全国民は団結して、国の建設防衛事業に力を入れる」と確約しました。
ソース:VOV