02/02/2016 11:25 GMT+7 Email Print Like 0

サン国家主席、「故郷の春」に参列

ベトナム外務省の主催による国外在留ベトナム人向けの新春を祝うプログラム「故郷の春」の一環として、31日、ハノイ市人民委員会は、国外在留ベトナム人を対象に、新春を祝うイベントを開催し、チュオン・タン・サン国家主席夫妻らも参列しました。
 

席上、サン主席は、国外在留ベトナム人に対し、「母国と所在国の発展事業に引き続き貢献し、ベトナムと各国を結ぶ架け橋としての役割を果たしていくよう」呼びかけました。「故郷の春」は年次活動で、およそ450万人の国外在留ベトナム人にとって、意味深いものと評されています。

同日、サン主席は、中部ゲアン省ナムダン県にあるホーチミン主席記念地区を訪れ、線香を手向けました。同省の指導者らや省民との会合で、サン主席は同省の成果を高く評価した上で、「ゲアンは中部地帯の中心地なるように取り組んでいく必要がある」と訴えました。なお、

ソース:VOV