22/10/2015 09:38 GMT+7 Email Print Like 0

サン主席、日越関西友好協会の代表団と会見

21日午前、チュオン・タン・サン国家主席はベトナムを訪問中の日越関西友好協会の西村貞一会長率いる代表団と会合を行いました。

席上、サン主席は「日本は対ベトナム投資を行なっている国々の中で上位に立ち、関西地方の投資家が多く進出している」と明らかにするとともに、同友好協会がベトナム人留学生を支援し、両国の友好と協力関係の架け橋としての役割を果たし、両国間の交流と観光協力の促進に寄与してきたことに感謝しました。
一方、日越関西友好協会の西村会長は関西地方とベトナムの各地方をはじめ、両国の草の根外交活動の強化に全力を尽くすと確約しました。また、関西地方の代表団はベトナムの投資経営環境を評価した上で、今後、ベトナムでの投資、生産、経営の拡大を呼びかけていく意向を表明しました。
ソース:VOV