29/10/2014 10:00 GMT+7 Email Print Like 0

サン主席、タンザニア大統領と会談

27日午後、ハノイで、チュオン・タン・サン国家主席はベトナムを訪問中のタンザニアのジャカヤ・ムリショ・キクウェテ大統領と会談を行いました。会談で、サン主席は「ベトナムはタンザニアをはじめ、アフリカ諸国との関係を重視し、互恵を基礎とする協力関係の拡大を希望する」と強調しました。

一方、キクウェテ大統領はベトナムとアフリカ、中でも東アフリカとの架け橋としての役割を果たす用意があると述べるとともに、ベトナムに対し、ベトナムをはじめ、ASEAN諸国へのタンザニア製品の出荷に有利な条件を作り出すよう希望を表明しました。また、両元首は各レベルの訪問団の交換や草の根外交活動の促進、各都市間の姉妹関係の構築などを通じて、政治関係を強化することで一致しました。

さらに、地域と国際フォーラムで、協力を緊密化し、平和、安定、協力、発展に向け、公平で民主的な世界づくりに取り組むと表明しました。そして、ベトナム東部海域いわゆる南シナ海問題についても協議し、同海域の安全保障と航行の自由の重要性を訴えた上で、平和的措置で、国際法、中でも1982年国連海洋法条約に従って緊張情勢を解決する必要があることで合意しました。

会談後、両元首は海運協力協定の調印式に立ち会いました。:VOV