24/09/2016 17:30 GMT+7 Email Print Like 0

クアン国家主席、労働組合の活動効果を評価

24日午前、ハノイで、チャン・ダイ・クアン国家主席は、労働総連盟の指導部と会合を行い、労働者運動や、労働組合の活動、労働組合の組織・活動刷新案などについて話し合いました。

クアン国家主席は、「今後、ベトナムが国際社会への参入を進めASEAN共同体や、WTO=世界貿易機関との公約を履行し、次世代のFTA=自由貿易協定を締結することは、労働者と労働組合に影響を与える」として上で、労働総連盟に対し、労働者を対象に労働組合や、労働に関連する法律などの宣伝・教育を進めているよう要求しました。

また、労働総連盟の活動の効果とこれまで収められてきた成果を高く評価すると同時に、「今後、各レベルの労働組合の活動方式と内容の刷新、労働者の正当な権利を保護する機関としての役割の向上を進めていく必要がある」と訴えました。
ソース:VOV