08/11/2015 10:57 GMT+7 Email Print Like 0

グェン・フー・チョン書記長、習近平国家主席と会談

5日、ベトナムのグェン・フー・チョン共産党書記長とチュォン・タン・サン国家主席の招きに応じて、中国共産党の習近平国家主席はベトナム公式訪問を開始しました。5日午後、ハノイで、習近平国家主席を歓迎する式典が盛大に行われました。


歓迎式の後、グェン・フー・チョン書記長と習近平国家主席は会談を行いました。会談で、双方は新しい情勢下における両国の共産党、政府間の伝統的友好関係の絶え間ない強化の重要性を強調しました。双方は高級レベルの交流の維持、両国の各部門や機関、地方との協力強化、経済、投資、科学技術、教育、文化、観光などの分野における協力促進で一致しました。

また、双方は陸上における国境線管理に関する両国の合意書を効果的に実施するため協力すると共に、海上で発生している不一致問題を適当に解決し、両国間の健全的な関係発展に悪影響を与えないように共に取り組むことで一致しました。
会談で、チョン書記長は「ベトナム共産党、政府、人民は中国との近隣友好関係の維持を常に重視すると共に、両国間の全面的戦略的協力パートナー関係を深化させる用意がある」と強調しました。また、チョン書記長は「両国間の協力強化、及び、残された問題点の解決のため、高級レベルの相互訪問の維持や政治面での信頼醸成に取り組むよう」提案しました。

チョン書記長は「両国は不一致点の解決に自制し、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海の平和、安定を維持し、この問題が両国関係に影響を与えないように取り組むよう」希望を表明しました。さらに、チョン書記長「両国は緊密に協力して、海上情勢を効果的に統制し、互いの正当な利益を尊重し、両国の党と政府が達成した合意を厳格に実施するよう」提案しました。チョン書記長は中国に対し、「DOC=海上行動宣言を厳格に履行し、COC=海上行動規範の早期作成のため、ベトナムと協力すること、及び、ベトナム東部海域の軍事化という目標を追求しないよう」提案しました。

一方、習近平国家主席は「中国の共産党、政府は中国とベトナムとの全面的戦略的協力パートナー関係を重視する」と述べると共に、「両国は政治面での信頼醸成と対話を強化すると共に、外交、安全保障、国防、草の根外交などの分野における協力を強化する必要がある」と強調しました。

また、習近平国家主席は「中国とベトナムとの関係の維持、及び、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海の平和、安定のため、ベトナムと協力して、海上問題に関する不意一点の解決に取り組む」と強調すると共に、国連、APEC=アジア太平洋経済協力, ASEM=アジア欧州会合などの場における協力を強化するよう」提案しました。

会談後、グェン・フー・チョン共産党書記長と習近平国家主席は両国間のいくつかの協力合意書に調印しました。
:VOV