06/01/2019 08:27 GMT+7 Email Print Like 0

エジプトでの爆破犠牲者3人の遺体を帰国させる手続きを完成

サイゴン・ツーリズム社はこの爆破事件の犠牲者3人の遺族と連携して、4日に、トルコの航空を通じて、遺体を移送します。
昨年12月28日、エジプトの首都カイロ近郊ギザで、ベトナム人観光客が乗ったバスの近くで手製爆弾が爆発し、ベトナム人3人が死亡しましたが、2日、このエジプト観光を企画したサイゴン・ツーリズム社はこの3人の遺体を帰国させるための手続きを完成しました。
これにより、サイゴン・ツーリズム社はこの爆破事件の犠牲者3人の遺族と連携して、4日に、トルコの航空を通じて、遺体を移送します。5日に、この航空便はホーチミン市に到着する見通しです。
この爆破事件で重傷を負った2人はエジプトの病院で治療を受けていますが病状は良好です。今後数日、医師らは病状を再診した上で、これらの患者が退院し、帰国することを決定する予定です。
ソース:VOV