11/01/2021 10:52 GMT+7 Email Print Like 0

ヴィンファスト-ベトナム国産車の夢を実現

ヨーロッパの技術、イタリアのデザイン、ベトナム人のやり方、ヴィンファス(Vinfast)という名前はベトナムの新興自動車産業の世界記録に関連付けて命名された。「メイド・イン・ベトナム」の車は「誕生」後、僅か21ヶ月で正式に路上を走り、商用車で最速の世界記録を樹立した。
4年前のベトナム建国記念日にヴィンファスト(Vinfast)自動車製造工場は正式に建設が開始された。これはVinGroupが自動車業界への参入を決意を示した事業である。ヴィンファストは、2025年までに年間最大50万台の生産能力を持つ東南アジアでNo.1の自動車メーカーになるという野心を持ち、内燃機関自動車や電気自動車、ベトナムの主要都市の汚染を最小限に抑えるために環境に優しい電気自動車および電気式モーターバイクなどの主要製品を提供する。

ヴィンファストのこの目標にベトナムの消費者はすぐに懸念を抱いた。 「ベトナム製」の車の夢は以前からあったものの、なかなか実現していなかったので、それは十分に理解できる。しかし、今回のベトナム国産車の夢は、ベトナム最大の複合事業体であるヴィングループのメンバーであるヴィンファストによって始まったのだ。ヴィングループは常に投資分野で多くの成功を収めた企業である 。したがって、ベトナムの人々は新しい希望を抱いていた。うまくいけば、新しい奇跡が起こるかもしれない。



組み立て工場で検査されるVinfastのエンジニア。写真:Vinfast


工場で自動車を塗装しているロボット。写真:Vinfast


ロボットも使用しているエンジン製造工場。写真:Vinfast 


ロボットが自動で行う自動車ボディーの塗装。写真:Vinfast


ヴィンファスト工場のエンジン生産エリア。写真:Vinfast


塗装色を検査するエンジニア。写真:Vinfast


ヴィンファスト工場のエンジン製造ラインの全景。

35ヘクタールのヴィンファスト自動車・オートバイ生産施設の最終ライン、ハイ・フォン市のディン・ヴー工業団地。
写真:Vinfast 

プレッシャーは同時に、ヴィンファストが長年にわたって完成できなかったベトナム国産車の夢を実現する原動力でもあった。
ベトナムの消費者の予想に反して、製造工場を起工して僅か1カ月後、ヴィンファストはピニンファリーナ、トリノ、ザガト、イタルの4つの有名なイタリアのデザイン会社によって設計された合計20のモデルのうち、2種類の自動車のモデルを発表した。これらはすべて高級車メーカー、アウディ、ベントレー、ポルシェ、ロールスロイス、ジャガー、フェラーリ、ランボルギーニなどのデザインを手掛けた会社の名前です。ちょうど1年後の2018年10月、ヴィンファストの2つの自動車のモデルはパリモーターショー2018でデビューした。これらはピニンファリーナによって設計され、消費者の一般投票で最も高い評価を得た2種類のモデルである。


車とオートバイの生産複合施設を起工してから約2年後、そして最初の2台のコンセプトカーがパリモーターショー2018で発売されてから1年以上経った2019年6月からヴィンファスト自動車工場が正式に稼働を開始しました。東南アジア地域の最先端のヴィンファスト自動車工場は神技的な速さで完成した。世界の自動車メーカーが自動車工場を完成するまでにかかる平均時間が3年から4年にもかかわらず、このスピードでの完成は、世界の自動車産業におけるベトナムの大きな願望と「奇跡」を表している。
ヴィンファストは2019年7月末に、最初の車を顧客に引き渡しを開始した。ベトナムブランドの車は「誕生」後、わずか21か月で正式に路上を走り、商用車で最速の世界記録を樹立した。ヴィンファストはアウトソーシングした後、現在、ベトナムブランドでのグローバルバリューチェーンを持ち自立生産をしている。ベトナムが国内ブランドの商業車を保有するのはこれが初めてであり、ベトナムは独自の自動車製造産業を持つ国の地図に名前が掲載されるようになった。



展示されているVinfastの「VinFastPresident」限定モデル。写真:Vinfast

ピニンファリーナによって設計され、消費者の投票で最も高い評価を得たモデル。写真:Vinfast


インドネシアの自動車専門誌「Hops」の「VinFastPresident」限定車発売イベントについてのコメント:
「何千もの島々の土地」のEsemka自動車会社は自国の自動車ブランドの構築についてVinFastに学ぶ必要がある。写真:Vinfast 



2019年末現在、ヴィンファストは17,000件を超える注文を受けた。 2020年7月時点で11,000台以上の車両を販売している。市場に販売された車の総数は約3万台である。写真:Vinfast 


パリモーターショー2018のイベントでヴィンファストの自動車と一緒に写真を撮る英国の有名なサッカー選手デビッド・ベッカム。写真:ヴィンファスト


パリから戻ってきたばかりのLuxA2.0モデルとLuxSA2.0モデルはベトナムの誇り。写真:Cong Dat


ベトナム国産車の夢を実現したヴィンファスト。V


2018年10月、パリモーターショー2018で2台のヴィンファスト車が発売された。
これらはピニンファリーナによって設計され、消費者の投票で最も高い評価を得た2つのモデル。写真:Vinfast


2021年にはヴィンファストが米国市場で最初の電気自動車を販売することに期待が集まっている。
2019年10月末、メラカ(マレーシア)で、ヴィンファストは東南アジアの新車評価プログラム(ASEAN NCAP)から最高の安全認証を取得した。 VinFast LuxSA2.0ラインとLuxA2.0ラインの両方が5つ星の最高の安全証明書を授与された。特に、多目的都市型小型車Fadilは、ベトナム市場で「セグメントで最も安全な車」というタイトルで4つ星の評価を受けている。


高級車ベントレーとランボルギーニベトナムのマーケティングを担当した自動車専門家のグエンタンハイによると、ヴィンファストは再びゲームをリードしている。 ASEAN NCAP認定により、ヴィンファストが安全性を最優先していることが、車を持つベトナム人の認識と優先順位を変える推進力となっている。

ベトナム人は重工業、特に自動車産業のような創造性と高い頭脳を必要とする産業で働くために生まれて来ていないという観念がある。しかし、ヴィンファストが打ち立てた初めての成功は反対であることを証明した。そしてベトナムの人々は初めての「ベトナム製」の車を非常に誇りに思ってる。ベトナムの自動車メーカーが達成した業績と記録は「世界ができることはベトナム人にもできる、さらにもっと良くできる。」というベトナムの精神を改めて強く証明している。


文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:コン・ダット、Vinfast の資料