21/11/2018 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

この30年間FDIを誘致

ドイモイ政策の展開を行なってきた30年後、ベトナムは外国からの直接投資(FDI)の誘致国として成功した国の一つになっている。 
直接投資(FDI)を受ける最初の時期を経験したグエン・マイ教授(ベトナム外国投資企業協会会長)は1987年末、ベトナム国会がベトナムで外国投資法律を発令した後、外国資金を多く受けるため、1988年、政府は経済対外省にFDIのプロジェクトの内容を調査し、許可することを委任した。

ベトナムで外国投資法は、各国の行った外国投資法の18の法律を参考にしてベトナムに合った投資法が作り出されました。その法律により投資家の選択はメリットがあり、ベトナムの法律に魅力を持つ。」と述べた。

しかし、外国投資法が発行されて数年間はベトナムへのFDIの企業の資金はまだ少なかった。1988年から1990年5月まで、投資金が18億米ドルの213件だけの投資書が発行された。

当時、ベトナムのドイモイが始まったばかりでベトナムへのFDIの投資はまだ少なかった。



現代的なインフラ設備を揃えたフーギア工業団地
撮影:ベトナムフォトジャーナル



現在、現代的な技術により、ベトナムのハイテク工業団地で機械が人の代わりに製品を生産している。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



フー・ギア工業団地における生産ライン
撮影:ベトナムフォトジャーナル


ハイテク工業の分野においてビンズオン省は、企業の投資先になっている。
撮影:ベトナム通信社 



ホーチミン市ハイテク工業団地における製品発展研究所。
撮影:ベトナム通信社



ヴィン・フック省におけるVespaバイク生産ライン
撮影:ベトナム通信社



ニンビン省におけるヒュンダイ自動車生産ライン
撮影:ベトナム通信社



FDIによる、ベトナムの靴製造業は現代的で、生産性の高い近代的な機械を備えている。
撮影:ベトナム通信社



クウロンデルタにおける海産物生産ライン。
撮影:ベトナム通信社

 

B1991年、外国投資の波がベトナムに大規模的に流入した。その時から7年間ベトナムへ投資するのプロジェクトは2200件があり、登録総資金は160億米ドルで、その内1997年に実施された投資は30億米ドルで、1991年の投資金の9,5倍になった。

現在、FDIの58パーセントの投資は加工工業、製造の分野に集中し、50パーセントの工業生産をもたらし、石油、電子などの主要製品を作り出すことに貢献する。

経済補助に投資する他、FDIの企業はベトナム人に管理方法を教えることにより、ベトナム国内の企業の技術も改善する。


1988年から2018年8月、ベトナムの63省、市は129ヶ国、地域の3,330億米ドルの投資金を持つFDIの2,600件のプロジェクトを誘致した。 
ハノイ、バックニン省、タイグエン省、ヴィンフック省、ハイフォン省、ホーチミン市、ビンズオン省、ドンナイ省などの多くのFDIプロジェクトを誘致する地域は大いに貢献し、各地方、市の経済の機構を変え、国内外の企業が効果的に営業できるよい条件を作り出す。

ベトナム投資環境について、中村邦晴経団連審議員会副議長は日本企業に対して、ベトナムは、人口が多くASEANと連結する要素であり、政治・社会が安定し、有力的な国である。現在、ベトナムへの投資、経営する日本の企業が多くなっていると評価した。

投資はグローバルの傾向にある。この傾向は次の段階のベトナムの構造において創造と誠実さを示し、政府の指導の下で企業と人民は、FDIの誘致に利便性を持つ。

ベトナム計画投資省の外国投資局のドー・ニャット・ホアン局長はベトナムのFDIの誘致政策は多くの利点を有し、世界における各国の投資政策は一貫的ではなく、ベトナムは投資を誘致することの中、開放の政策を維持している。それは世界の投資家がベトナムへの関心を集める重要な要素になっている。

グエン・チー・ズン大臣はベトナム政府の改革の中の努力と良心的なベトナム人と開放的な政策で、将来、各企業が引き続き投資を促進し、効果的に活動し、徐々に発展させる。投資プロジェクトを持たない企業家は自社の企業の利益をもたらす投資の機会を早めにつかみ、ベトナムの経済、社会の発展に貢献する。

 
編集:ベトナムフォトジャーナル
撮影:ベトナムフォトジャーナル、ベトナム通信社