27/08/2015 09:08 GMT+7 Email Print Like 0

「ASEAN文化社会共同体作り」シンポジウム

26日午前、ハノイで、外務省はEU=欧州連合ベトナム事務所と連携して「ASEAN文化社会共同体作り」に関するシンポジウムを行った。

席上、レ・ホアイ・チュン外務次官は「ASEAN=東南アジア諸国連合は2015年12月31日に、“ASEAN安全保障共同体”、“ASEAN経済共同体”、“ASEAN文化社会共同体”の形成を通じてASEAN共同体の構築のために努力している」と明らかにした。

また、チュン次官は「このシンポジウムはASEAN文化社会共同体を始めとするASEAN共同体の幅広い紹介と宣伝に寄与する活動の一つである。外交官と欧州連合の専門家らが参加するこのシンポジウムは、文化的社会の建設と管理に関する欧州連合の教訓や 経験について話し合うチャンスでもある」と強調した。

チュン次官は「EUは、経済・社会・政治など多くの分野における共同体の構築に関する最も効果な模範の一つです。ASEANはASEAN文化社会共同体を始めとするASEAN共同体構築にEUの経験を活用します。ASEANとEUの間には類似点と相違点がありますが、EUの経験を活かすことは、ASEAN共同体は目標を達成できると確信しています。このシンポジウムは、多くの分野におけるEUとASEANとの協力の強化に繫がると期待されています。」と述べた。
ソース:VOV