20/09/2018 10:21 GMT+7 Email Print Like 0

「社会主義を志向する市場経済の基準」セミナー

19日午前、ハノイで、中央経済委員会、中央理論評議会、共産党理論誌『タプチー・コンサン(共産雑誌)』は、「ベトナムにおける社会主義を志向する市場経済の基準・理論と実践」に関するセミナーを開催しました。
「社会主義を志向する市場経済の基準」セミナー - ảnh 1        セミナーの様子
席上、中央経済委員会のグエン・バン・ビン委員長は「ドイモイ事業が実現されてからの30年間あまり、社会主義を志向する市場経済は一歩ずつ形成され、著しく発展しつつある。ベトナムは多くの重要な成果を収め、経済の総合的力を高めてきた。ベトナムの経済社会発展モデルは国際社会から認められ、好評を博された」と強調し、次のように語りました。
(テープ)
「社会主義を志向する市場経済の基準を設定する為には、社会主義を志向する市場経済に関する科学的根拠や原則を確定する必要があります。現在、市場経済を巡って、様々な議論がありますが、私たちは、最も一般的かつ特徴的な基準、また国際の通例と基準に最も見合った基準を選択して、活用します。」
参加者らは、セミナーで、ベトナムにおける社会主義を志向する市場経済の基準は、社会主義を志向する市場経済を深く理解する為の重要なでかつ差し迫ったものであることで一致しました。
ソース:VOV