26/01/2018 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

「故郷の春」絵画展

各画家によって描かれた春に関する絵は第1区のホーチミン市美術博物館に陳列された。絵画展に訪れた観客は、ベトナムの人間の生活に関する感覚を与える。
Ngoc Anh(ゴック・アン)画家、Dieu Ha(ジエウ・ハー)画家、Tieu Linh(ティエウ・リン)画家、Dieu Thuy(ジエウ・トゥイ)画家、Dinh Nghi(ディン・ギー)画家、Thanh Le(タイン・レー)画家の「春」のテーマで、帛画、水彩画、油彩画を含む60種の絵画である。この6名の画家は外国に住んでいるので、それぞれはベトナムにおける春を感じさせる特別な方法、ベトナムに対する深い愛情を持っている。


「春」絵画展の1コーナー


秋のホーチミン市において、観覧者の人々は絵画展の春の空間を感じる。


「春」のテーマの絵画展。


ベトナムの人間、生活のイメージを紹介する「第2の春」展覧会
タイン・ラー画家の絵における「春」は蓮である。タイン・レー画家の絵における蓮は流動性の楽しさと寂しさがある。タイン・レー画家の数多くの絵には、華の散った蓮であるが、見る人は希望、生長、新鮮なことを感じれる。蓮の絵は女の人の優しさを表現する。それぞれの蓮の絵はそれぞれの生活を表現する。
ジエウ・トゥイ画家の絵にはテーブル、衣服、御椀、箸などのベトナム人の生活における簡素な家具が描かれ、その絵は春を表現する。越僑たちはその家具を見るとき、感動する。
ジエウ・トゥイ画家は簡素な美しさを表現する。彼女の「春」は平穏な生活を表す。彼の絵は自分の手で、絵を描くので、彼女の感覚は絵に表現される。ジエウ・トゥイ画家は有名な現代画家であり、世界における絵のコレクターにより高く評価されている。
各画家にはそれぞれの春の思いがある。ジェウ・ハー画家の絵における花模様の美しさ、ティエウ・リン画家、ゴック・アン画家の描いた欄、菊、竹は昔のベトナム人を表現する。ディン・ギー画家は少女のイメージを通じて、春を表現する。ホーチミン市の建設高等学校の講師であるディン・ティー・ホン・タム氏は「私は各絵画の中に表現された生活の中での春の美しさと、明るい将来を感じます」と言った。

秋のホーチミン市において、見る人々は「故郷の春」絵画展の「春」の雰囲気を感じる。



ジエウ・トゥイ画家の作品。




ジエウ・ハー画家の作品。




ゴック・アン画家の作品。


ディン・ギー画家の作品。



タイン・レー画家の作品。


ティエウ・リン(Tieu Linh)画家の作品。


ゴック・アン画家の「幼年期の橋」作品。

文:グエン・オアン(Nguyen Oanh)
写真:グエン・ルアン(Nguyen Luan)