24/03/2018 11:48 GMT+7 Email Print Like 0

「愛国の種」という支援運動の開始

このプログラムは野菜の種およそ500キロ、及び、有機の土30トンを集めて、チュオンサ群島とDK1というリグに駐屯している兵士を送るためのものです。 20日午前、ホーチミン市で、「愛国の種」という支援運動の開始式典が行われました。このプログラムは野菜の種およそ500キロ、及び、有機の土30トンを集めて、チュオンサ群島とDK1というリグに駐屯している兵士を送るためのものです。DK1リグは1989年に海上に建てられた鉄製の住宅で、ベトナムの海域の主権確保と石油開発活動の警備にあたる幹部や兵士が住む所です。 この運動が3月20日から今年の12月22日まで展開されます。ホーチミン市の教育管理専門学校の講師であり、この支援運動の構想を出したブ・ディン・バイ( Vu Dinh Bay) さんは次のように語りました。 「現在、全国の16の省や市はこの支援運動に野菜の種と有機の土を提供しました。運動に参加する人の数が日を追って増加しています。この運動が多くの人々の応援を受け、感無量です」 ソース:VOV