28/11/2018 09:42 GMT+7 Email Print Like 0

「ベトナム映画祭2018in名古屋」が開幕、12月7日まで13作品上映

ベトナム映画を上映する「ベトナム映画祭2018in名古屋」が、11月24日(土)に愛知県名古屋市中村区のミニシアター「シネマスコーレ」で開幕した。同劇場での開催は12月7日(金)まで。

 これに先立ち、9月1日から9日にかけては横浜で「ベトナム映画祭2018in横浜」が開催され、9月8日と9日に行われた「ベトナムフェスタin神奈川」での無料上映と合わせて多くの人々が集まった。10月6日から19日までは大阪で、11月10日から23日までは新宿でも同映画祭が開催された。名古屋が「ベトナム映画祭2018」最後の開催地となる。

 他の開催地と同じく、名古屋会場でも2015年のベトナム国産映画興行収入トップのベトナム映画「草原に黄色い花を見つける(Toi thay hoa vang tren co xanh)」をはじめ、アクションやコメディ、恋愛など様々なジャンルのベトナム映画13本が上映される。

 また、ベトナムの格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)と同映画祭のコラボとして、「ベトナム映画祭in名古屋」期間中にシネマスコーレに設置のアンケートに答えると抽選で1人にVJCの往復航空券が当たるキャンペーンを実施中。VJCは11月8日に大阪〜ハノイ線に就航し、12月14日には大阪~ホーチミン線に就航する。

 さらに、「ベトナム映画祭in名古屋」の上映期間中に「#ベトナム映画祭」のハッシュタグをつけて映画祭の感想をツイートし、公式ツイッター(Twitter)をフォローすると、抽選で5人にベトナムビール1ケース(24本)が当たるキャンペーンも実施している。

 映画祭での上映作品および上映スケジュール、チケットなどの詳細は公式ウェブサイトを参照。
ソース:Vietjo