23/10/2018 12:13 GMT+7 Email Print Like 0

「ベトナム女性の」を祝う様々な活動

19日夜、ホーチミン市で、同市婦人連合と新聞「フーヌ(女性)」は共同で「都市の星」と銘打った文芸公演を行い、「人民武装勢力の英雄」称号を授与されたサイゴン・ザディン女性大衆工作委員会の元幹部、兵士を顕彰することが狙いです。 同日、南部ソクチャン省婦人連合はハウザン省、及びカントー市の婦人連合と協力し、各世代の婦人連合の幹部との集いを行い、女性幹部300人あまりが参加しました。ホーチミン市婦人連合のグエン・ティ・ゴック・ビック議長は次のように語りました。 「今日、革命根拠地であったクチ県を訪れ、『英雄称号』を持つ母親タムランさんをはじめ、犠牲となった英雄、兵士に線香を手向け、感謝の気持ちを表します。また、これは祖国の独立、自由に身を捧げた先輩の恩に報いる気持ちをも示すものです。」 他方、19日午後、ハノイで労働傷病軍人社会事業省はUSAID=アメリカ国際開発丁と協力し、「経済発展における女性の役割、ASEANにおける経済的権利の向上へ向けて」と題するシンポジウムを行ないました。シンポジウムは政策作成者と関係各側に、女性への雇用創出、特にデジタル・エコノミーでの女性の雇用機会について話し合う場をつくることが狙いです。 ソース:VOV