05/02/2017 12:32 GMT+7 Email Print Like 0

WHO、がん早期発見の重要性を強調

2月4日の「世界がんデー」にあたり、WHO=世界保健機関は人々に対しメッセージを送り、その中で、「がんの早期発見は命を救い、治療費用を削減することに役立つ」などとし、がんの早期発見の重要性を強調しています。

世界がんデーは、世界保健機関(WHO)のサポートを受け、世界の170ヵ国の2000以上のがん学会、対がん協会、行政機関、研究機関、治療センターなどで構成される世界最大の連合団体である国際対がん連合が実施するものです。

WHOによりますと、毎年、全世界で、およそ880万人ががんで死亡しており、そして、2030年までにがん有病数は2140万人に増え、その3分の2は低・中所得国に集中しているとしています。
ソース:VOV
他の記事