13/01/2016 10:26 GMT+7 Email Print Like 0

TPPと主力分野に対する対処方法

ベトナムは170ヶ国、地域と外交関係があり、225ある市場の内224市場と貿易関係があり、86の相互協定に調印した。
ベトナムの大きなパートナーとの関係は拡大される。しかし、TPPに参加した時、ベトナムは主力の製品に対して、よい影響を与えると評価される。

VCCIカント―のヴォー・フン・ズン博士はTPPに参加することで税の優待を受ける農水産に関して、多きな市場に近づく良い機会である。

ベトナムは農業生産の大きな地区があるため、パートナーが農産物に対しての市場を開く要求はあるが、課題はTPPの各国が交渉を減少し、国内の農民を保護し、オープンしないことである。


TPPに参加すれば、果物市場の拡大が期待できる。
撮影:フオン・ヴィー-ベトナム通信社
外務省のグエン・アイン・トゥアン編集長はTPPに参加する時、ベトナムは農業を含むすべての製品の輸入税を削除しなければならない。そのため、ベトナムへのTPP の各国からの輸入製品は増加する。
ベトナムの潜在力を有する輸出の製品であるマグロ。
撮影:リー・カ-ベトナム通信社
畜産製品に対して、TPPの各国と比べると、その競争力は低いく、また、畜産業を営んでいる人たちの収入も低く、不安定である。

畜産業の競争力は高く望めない。
撮影:ヴー・シン-ベトナム通信社

繊維協会はTPPが2020年、ベトナムに繊維の300億米ドルの輸出額をもたらす。

今、アメリカへのベトナムの繊維の税関は7パーセント以上であり、履物の税関は12パーセントである。税関が0%になればベトナムの繊維分野は得をする。


TPPが2020年、ベトナムの繊維分野に対する輸出高は300億米ドルに達し、2030年には550億米ドルになる。

TPPに参加する時、TPP市場へのベトナムの履物の現在の輸入税関は、3,5%~54、7%であるが、参入後には0%になる。

履物の業に関する500社は60万人に雇用を創出している。TPPに参加後には、100万人に増える予定である。

TPPに参加する時、アメリカ、日本と貿易関係を促進すると、ベトナムは多くの利益を受け取ると評価される。しかし、その他、ベトナムも多くのリスクにも直面する。

そのため、ベトナムはTPPに参加する時、主力の製品を開拓し実施すべきである。

 


経済専門家の評価によると、ベトナムの輸出製品の97の製品の中、37の製品は競争による利益がある。繊維、履物、水産物などの製品は120億米ドルで、ベトナムの輸出額の75パーセントを占めている。

 

ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル