14/04/2017 15:40 GMT+7 Email Print Like 0

THANH-HAI(タインハイ)Ceramics

国内外に多くの支店を持つ、タインハイTHANH-HAICeramics株式会社の製品はチャンアン観光地、バイディン寺、リンウン-ソンチャ寺などの工事で多く使われた。
バッチャン陶器村の陶器づくりの技を継ぐ上で、デザインの想像と現代の技術を使用することで、タインハイCeramics社は国内外の市場に信用がある。

1985年、THANH-HAI社はバッチャン村で建築用の陶器、室内外の陶製品を生産することで先端のブランドを作り出す。村の更なる発展のため、ヴー・マイン・ハイ陶芸家は建材としての磁器を研究し、生産する。1988年に生まれた磁器の製品は多くの人々に喜ばれた。それにより、ハイ陶芸家の磁器製品はバッチャン村の陶器の生産の流れを生んだ。


ハノイのバット・チャン村におけるタイン・ハイCeramics株式会社の工場のコーナーの一つ


伝統的な生産の方法


生産の段階の一つ

タイン・ハイCeramics株式会社の製品


焼ける前の陰陽瓦



その後、ヴー・マイン・ハイ陶芸家には全国からの注文が続いた。ハノイの支店にはハイ陶芸家が作ったことがない製品さえ注文がきた。困難を乗り越え、努力した結果、バッチャン村で最初の製品を作った。1993年、バッチャン陶器村で建設用の陶製品を生産する最初の店を開いた。
タイン・ハイCeramics株式会社の製品は精巧である。ハイCeramics株式会社も想像力と維持的の要素を重視する。 THANH-HAI Ceramics株式会社の方針は心を尽くし、高品質の製品を生産することである。

1998年、最初の成功で、ハイ陶芸家はタイン・ハイCeramics株式会社を設立した。


2000年、ハイ陶芸家は面積5000㎡の工場を設立した。


製品の質を向上させるために、Ceramics株式会社は科学・技術を使用し、原料を処理する現代的名設備を備えることは生産性を高めることに貢献した。そのため、THANH-HAI Ceramics株式会社の製品は昔からの陶芸家の経験および新たな建築の特徴も有する。
   

人気のあるタイン・ハイCeramics株式会社の製品


タイン・ハイCeramics株式会社の製品は伝統的な特徴と現代的な特徴を併せ持っている。


タイン・ハイCeramics株式会社の製品


ベトナムの神社、寺で使われたタイン・ハイCeramics株式会社の製品


タイン・ハイCeramics株式会社の製品


タイン・ハイCeramics株式会社の陰陽瓦

ベトナムの北部の寺で使われるタイン・ハイCeramics株式会社の製品


バット・チャン村の陰陽瓦

バット・チャン村の陶器


ベトナムの古い建築で使われたタイン・ハイCeramics株式会社の製品


ベトナムの古い建築で使われたタイン・ハイCeramics株式会社の製品

ハノイのタン・ヴィエン寺の施工で使用されたTHANH-HAICeramics株式会社の製品
今まで、THANH-HAI Ceramics株式会社はバッチャン村で建設用の陶製器を生産する。THANH-HAICeramics株式会社は35種類の製品を生産し、毎年の売り上げは200億ドン(約1億円)である。
文:トゥック・ヒエン
撮影:タット・ソン

他の記事