28/04/2017 09:56 GMT+7 Email Print Like 0

Maybelleスピーカーに込められた伝統陶器とhi-endの結合

バッチャン村の伝統陶の品質を向上と発展させる期待で、グエン・テ・アインさんは陶器で作るスピーカーを生産するアイディアでスタートアップした。
1年前、2016年4月、Maybelleグループを設立したグエン・テ・アインさんはスピーカー製品SOLOを生産した。世界で陶器のスピーカーは昔から有ったが、Maybelleスピーカーはベトナムで最初の製品である。

ベトナムの伝統工芸である陶器と現代の技術を結合したMaybelleスピーカーは高く評価されている。

      

陶器で作られたMaybelleスピーカーに模様を描くベトナムMaybelle株式会社のグエン・テー・アイン社長
撮影:タット・ソン



手でMaybelleスピーカーに描かれた模様
撮影:タット・ソン



Maybelle
スピーカーを生産する段階。
撮影:タット・ソン



Maybelle
スピーカーに字を彫刻する段階
撮影:タット・ソン



Maybelleスピーカーの生産過程。
撮影:タット・ソン



模様を描いた後の、Maybelleスピーカーはもう一度焼かられる。
撮影:タット・ソン



手作業で作られるMaybelleスピーカー
撮影:タット・ソン


Maybelleスピーカーの生産過程。
撮影:タット・ソン

lampeakersの製品。
撮影:資料

fullrangeのMaybelleスピーカーでロマンチック、ボレロ、ポップの音楽を聞くことは最高である。Maybelleスピーカーの音質は多くの客に適合する。

グエン・テー・アイン社長は「他は、この数年間、消費者の傾向は、小さな製品を消費している、そのため一般消費者向けの小さなホルンを生産することを決めました。 

Maybelleスピーカーはただ電気的なスピーカーと言うだけでなく、音響とデザインの要素から作られた。スピーカーのカバーは陶器で作られ、バッチャン村の芸術家によってデザインされる。



客室で置かれるCannonスピーカー
撮影:資料



陶器、木、布から作られたlampeaker
nスピーカー
撮影:資料

Maybelle株式会社の最初の製品「SOLO」
撮影:タット・ソン



Cannonスピーカー
撮影:タット・ソン



Maybelle株式会社の
スピーカーの製品の一つ
撮影:資料



ハノイ、ト・ゴック・ヴァン通り98番地にあるMaybelle株式会社のショールーム

Maybelleスピーカーは音楽を聴くだけでなく、家、オフィスなどの装飾としても使われる。

東西の文化が結合したMaybelleスピーカーでグエン・テー・アイン社長はmade-in-Vietnamのホルンの音響設備のブランドを確立する。



Maybelleスピーカーは今、ベトナムで主流になるスタートアップの分野の典型的なモデルになる。陶器で作られたMaybelleスピーカーのプロジェクトはベトナムで最初の音響設備でスタートアップとしてのプロジェクトでもある。Fundstartで実施されるクラウドファンディングを通じてMaybelleスピーカーは1億1663万9千ドンの資金を集めた。


文: トゥック・ヒエン
撮影:タット・ソンと資料