07/10/2016 01:01 GMT+7 Email Print Like 0

iBanh mi - ベトナム人のファストフォードのブランド

iBanh miは8の生地で様々な16の種類バインミを作る。それぞれのバインミは世界の多くの都市の名前で名づけられ、その特徴を有するが、ベトナム風の味がある。それはベトナムのiBanh miの特別な特徴である。
外国で留学した後、帰国する時、高級のレストラン、ホテルで管理を担当したが、グエン・ザイン・ヒエン氏はベトナムのブランドを設立する夢を果たすためにその仕事をやめた。多くのベトナムの様々な料理の中、ヒエン氏は郷土料理であるバインミを選択し、バインミに新たな「デザイン」をした。そのため、iBanhmiは生まれた。

ベトナムのハノイ、サイゴンでどこでもバインミの店が見られることはバインミがベトナム人の人気のされる料理であることを表明する。バインミ店がそんなに多いであるが、ヒエン氏は決心にバインミを選択する。



iBanhmiの8の生地はiBanhmiのオーブンのシステムから直接に作られる。

バインミの原料が慎重に作られる。


人気されるiBanhmi黒パン

iBanhmiの現代的なオーブンのシステム

iBanhmiは8の生地で様々な16の種類バインミを作る。



iBanhmiは8の生地で様々な16の種類バインミを作る。


iBanhmiの生産のコーナー

バインミを買う客は生産するコーナーが見られる。

iBanhmiはiBanhmiのオーブンのシステムでバインミの質と衛生が管理できる。



iBanhmiは若者の人気を集中する。

iBanhmiの店のコーナー

最初、iBanhmiがプロもサービスがあるため、多くの人は外国のブランドであると思う。ブランドを作る時、東方の文化と西方の文化が重視された。将来、iBanhmiは世界市場に参加するベトナムのブランドを作る予定。

iBanhmiの支店は主にセンターの位置にある。そのデザインはカラフルで、便利で、客に人気される。iBanhmiのサービスもプロであり、若者の関心を集中する。

市場を研究し、消費者の習慣を理解する2年間後、長期的な戦略の準備で、2015年4月、iBanhmiはハノイのディン・ビエン・フー通り1番地で最初の店を開いた。iBanhmiのオーナーは維持的で、早いスピードで発展する。2015年末まで、iBanhmiはベトナムのハノイのファン・チュ・チン通りに2番目の店を開く。iBanhmiの2軒の店はセンターの位置にある。

今、iBanhmiは8の種類の生地生地がある。その生地はiBanhmi のオーブンのシステムで作られた。iBanhmiのバインミの生地の衛生は守れる。

8の種類の生地から、ヒエン氏は16の種類のバインミを作り、4のコンボがある。バインミのそれぞれの種類は世界の多くの有名な都市の特徴を有するがベトナム風で、ベトナム人の味に近いである。

世界の標準に達するiBanhmiのブランドを設立する期待でヒエン氏はベトナムが促進するスタートの事業に貢献している。


文:タオ・ヴィー
撮影:チン・ヴァン・ボ