08/01/2016 16:57 GMT+7 Email Print Like 0

Gyeongbokgung、韓国で最もきれいな景福宮殿

景福宮は1395年に朝鮮王朝を設立した最初の王である李成柱王によって建立された。
宮殿は1395年に朝鮮王朝を開いた最初の王である李成柱王によって設立された。ソウルにおける王宮はGyeongbok(景成宮殿)、Changdeok、(昌徳宮殿)Changgyeong(昌慶宮殿)、Deoksu( 徳寿宮殿)とGyeonghui(慶煕宮殿)がある。その中、景福宮殿が最も大きい。


宮殿の主な門。その真ん中の門は王に向ける。その両側の門は官たちに向ける。

景福宮殿の中の最大の建物Geunjeongjeon


慶福宮殿の正殿




青、赤、黒、黄色の模様。


数百年前からの景福宮殿














景福宮殿の建築


 
景福宮は、宴会、音楽会などにも使用される








景福宮殿は観光客に深い印象を与える。

1990年に、韓国政府は、戦争で深刻な破壊を受けた景福宮殿を修復した。今、宮殿は外国からの多くの観光客が訪れる。
 
文、撮影:グエン・タン