21/05/2015 09:05 GMT+7 Email Print Like 0

FECON建設会社の発展

2004年に設立されたFECON建設会社は優れた技術者と専門家で、いままで、大きな努力、創造性、大きな投資で、ベトナムのトップグループの建設会社の一つになった。

FECON会社のメッセージは「基礎工事におけるあらゆる問題において、全面的なサービスを供給する」である。FECON社はお客の要求にこたえる地質考察、土台基礎試験、設計、建設、測量などのサービスを供給する。FECON会社の「安全、品質、高い評価、約束、環境保護」5つの方針は500件の工事に応用される。

FECON MiNing杭の生産工場。撮影:資料。

Fomosa ハーティンプロジェクトのために、基礎の杭打ち作業をするFECON 会社の工員たち。撮影:資料

 
高架鉄道工事において、パートナーと意見交換をするFECON会社の技術者。撮影:タット・ソン

FECON会社の製品。撮影:タット・ソン

ドリリングによる杭の埋め込みを観察する作業員たち。撮影:タット・ソン
 
 

Samsungタイグエン工場の建設における、FECON会社の技術者たちと意見交換する作業員たちたち。撮影:資料。

Samsungタイグエン工場の建設における、FECON会社の技術者たちと意見交換する作業員たちたち。撮影:資料。

Samsungタイグエン工場を建設するための現代的な設備、機械システム。撮影:資料。


FECON社の試験室。撮影:タット・ソン

地質調査、地盤試験、建設技術カウンセリング はFECON会社の強みである。2014年、FECON会社は1000億ドンの契約金で、数多くのプロジェクトを実施した。FECON会社の2014年における主な工事は、ギーソン石油精製工場プロジェクト(タインホア省、ギーソン経済地区)、タイビン1火力発電所プロジェクト(タイビン省)、タイビン2火力発電所プロジェクト(タイビン省)、Samsungタイグエン工場プロジェクト(タイグエン省、フォーイエン郡)、第4のヴィンタン火力発電所プロジェクト(ビントゥアン省、ヴィンタン郡)、ダーナン-クアンガイ省の高速道路プロジェクトなどの多くのプロジェクトを含む。
FECON社は科学技術に関する国際協力の拡大を重視する。自社の信用と専門技術で、FECON社は清水建設、 丸紅、大林 、間組、 サムスン、 Doosan、 Posco、Dealim、 現代(韓国), Metro Cash&Carry、 Jurong Engineering Ltd.、 Royal Haskoningなどの多くの外国の企業と協力した。

 

 
2014年に行われたVietconstech 展示会におけるFECON陳列コーナーを訪問するベトナムの指導者たち。撮影:資料。

2014年に行われたFECON樹立10周年記念式におけるFECONのCEOファン・ヴィエット・コア氏。撮影:資料。

FECON社と日本開発銀行(DBJ)間の調印式の模様。撮影:資料。
 
 

FECON最高責任者であるファン・ヴィエット・コア氏によると、国際レベルに達する施工はFECON社の技術者たちが個々の専門を高め、技術を習得するチャンスである。FECON社は自社のトレードマークが、国際レベルに達する1つのゼネコン である強みを表現するために、大きな規模の国際見本市に引き続き参加する。

 

文:ビック・ヴァン

写真:タット・ソン、(資料より)