28/05/2016 11:26 GMT+7 Email Print Like 0

Debbie Rasiel写真家の写真の中の自閉症児

Debbie Rasiel写真家は自閉症についての「Picturing Autism」と題されたプロジェクトを実施するため、第6ヶ国目としてのベトナムを選んだ。デビー写真家の写真は人々に強い印象を与えた。
自閉症児の学校、家族とその将来のテーマを通じて、彼はベトナムのハロン市とハノイに住んでいる自閉症児の姿を表わした。

ベトナムのハロン市における自閉症クラス女の子の一人

ハノイの自閉症のネムさん


親子の作品


ベトナムのハロン市の自閉症児がいる家族

ペルーで撮影した写真も紹介された。


アメリカで自閉症の子供と遊ぶ


アメリカで一人で遊んでいる自閉症の子供

アイスランドで撮影したデビー写真家の写真

デビー写真家の写真の中の自閉症児


ペルーの自閉症児


デビー写真家に撮影されたネムさんも同写真展に出席した。

写真展は多くの若者たちの関心を集めた。


デビー写真家にお祝を送っているその友達と同僚

彼は、写真を撮る時、ベトナム人々は、自閉症についてあまり理解していないことがわかった。彼は「ベトナムで会ったの自閉症の子は頭がよく、能力が有るが、発揮されません。将来、他の国のように、ベトナムで自閉症の人が生活し、仕事をするセンターが設立されることを期待します。」と述べた。

文:ガン・ハ
撮影:カイン・ロン