07/06/2016 10:13 GMT+7 Email Print Like 0

Casumina、東南アジアの先端のタイヤとチューブの生産の企業

Casuminaのブランドマーク(レッドライオン)がある南部ゴム工業はこの数年間、国内外の客に人気があり、今東南アジアの先端のタイヤとチューブの生産の企業になっている。
1976年4月、Casumina株式会社はホーチミン市と南部の東側の省のタイヤとチューブの生産の工場を引き継ぎ、1997年から日本のYOKOHAMAタイヤと三菱と協力し、車と自動車のタイヤとチューブを生産する。

2000年から2009年まで、Casuminaは、現代的な機械を投資し、日本の標準規格に達する製品を生産し、市場でCasuminaのブランドを確立してた。


Casumina株式会社で生産されるタイヤとチューブに使われるゴム


原料をチェックしているCasumina株式会社の作業員


現代的な生産ライン


タイヤの原料


タイヤの生産ライン
 

今、Casumina株式会社は4つの工場があり、3千人の労働者がいる。
G7の各国の投資により生産設備は輸入される。2014年4月、Casumina株式会社はRadialタイヤを生産する工場を設立した。外国の専門家たちの評価は、Casumina株式会社の規模は大きく、世界の先進の技術を使用している会社であると評価された。Radialタイヤが生産できることはCasumina株式会社が世界の先進技術でタイヤを作ることができたことを表わした。

Casumina株式会社は世界の先端の75社のタイヤとチューブの生産企業のリストに入っている。Casumina株式会社の製品は様々である。

国内の市場で、Casumina株式会社は全国で220社に供給されている、車のタイヤとチューブは30%を、バイク用のチューブが50%を、自転車のタイヤとチューブが45%を占めている。

外国の市場で、Casumina株式会社の製品は台湾、日本、アメリカ、オーストラリア、インドネシア、マレーシアなどをはじめ、18ヶ国の地域へ輸出されている。


Casumina株式会社のファム・ホン・フー社長は「Casumina株式会社は熟練工と優秀な専門家の人材により、世界の企業と協力できます。2015年、Casumina株式会社の総収入が3兆ドンに達した。」と述べた。


外国へ輸出されるEurominaブランドのタイヤ


Casumina株式会社の製品は全国の200社の代理店で販売されている。


Casumina株式会社は東南アジアの先端のタイヤとチューブの生産する企業となり、
世界のタイヤとチューブを生産する75社のリストに入っている唯一のベトナムの会社である。



Casumina株式会社の製品


Casumina株式会社の製品は多くの人々に人気されている。

Casumina株式会社は中東、南ア、東南アジアまで拡大し、北アメリカとヨーロッパへの市場に向けている。
文:グエン・オアイン
撮影:ダン・キム・フオン