02/07/2015 10:54 GMT+7 Email Print Like 0

CADI-SUNグループ

ファン・ルオン・ホア氏・CADI-SUN グループのシーイーオーは「1984年、私たちは機械製品を経営するトゥオン・ディン生産組合であった。経済危機に直面したとき、組合は解体するおそれがありました。私たちは電気ケーブルを生産することに決めました。我々は自社の高いレベルの社員を信頼しました。」と言った。CADI-SUN (太陽電気ケーブル)の名はCADI-SUN グループの発展と希望の意志を表現する。

CADI-SUNの初期に、毎日、CADI-SUN は数百本の電気ケーブルコイルを生産した。商品は良質で、数多くの客はCADI-SUN 製品を買った。2000年、CADI-SUN グループは500億米ドを投資し、6.062 ㎡の第1の工場をハノイのタインスアン地区に建設した。同工場は韓国、台湾のテクノロジーで、現代的な電気ケーブルを生産する設備、機械を投資された。


ハイズオン省におけるCADI-SUN電気ケーブル生産工場の模様。 

CADI-SUN電気ケーブル生産ライン


CADI-SUN電気ケーブル生産ライン


CADI-SUN電気ケーブル生産ライン


銅線の質を検査するCADI-SUN 技術者たち。



銅線の品質を検査するCADI-SUN 技術者たち。



電気ケーブルを生産するラインを操作するホアン・コン・タイ工員。
電気ケーブルを生産する過程。


電気ケーブルを生産する過程。


電気ケーブルの包装検査する工員たち。
試験室で、電気ケーブルの品質を検査する工員。


試験室で、電気ケーブルの質を検査する工員。


試験室で、電気ケーブルの品質を検査する工員。


電気ケーブルに関する生産、品質はコンピュータシステムによって行われる。

 

CADI-SUNグループの製品はソンラー水力発電所、バイチャイ〔バイChay〕橋のプロジェクト、ズンクアット工業地区、北部における第2のベトナム農村エネルギープロジェクト、国家会議センターのために、使用された。  
2002年、ベトナムは「工業化・現代化」を強化するため、数多くの国家電気ネットワークに投資され、建設された。CADI-SUN グループは世界銀行の優待資金で、第2のベトナム農村エネルギープロジェクトを取った。

2013年10月に、CADI-SUNグループは1000億ドンの資金で、 ハイズオン省、カムジャン郡、カムビン町における46.000 ㎡の第2の電気ケーブル工場を建設した。CADI-SUNグループはISO/IEC 17025 国際試験室を建設し、生産を高めるために、設備、機械、生産ラインに投資した。
CADI-SUNグループはホーチミン市、ハイフォン市、タインホア省、ダーナン市、タイグエン地域に、倉庫、支社を設置し、経営を拡大させた。そのほかに、市場に数多くの製品を紹介した。CADI-SUNグループはSam Oneグループ、 Cosmolinkグループ、 Dongyangグループ、 Sang Jinグループと協力関係を有する。
2008年、 CADI-SUNグループはビンズオン省に、電気ケーブル生産工場を建設し、韓国のDongyangグループと投資協力契約に調印した。
2011年の収入は2010年に比べると、139%増収で、35haの、チュオンズオン工業区と職業村工業区を建設した。2012年は、製品が欧州基準のRoHS 国際証明書、VDE国際証明書を授与された。Sam Sung社、 LG社などに、電気部品、電子部品を供給する韓国のVinadualグループの大きなパートナーになった。


東南アジア地域においては、マレーシア、ラオス、ミャンマーにPVC ショット、電気ケーブルを輸出する。

2014年、、CADI-SUN グループの収入は37%増え、電気ケーブル生産高は29%増えた。CADI-SUN グループの労働者の平均的な所得は同期前年に比べて、16%増えた。2015年、CADI-SUN グループは、今年、15%増収の目標を立てた。CADI-SUN グループは国際基準に達する電気ケーブルの製品で、多国家グループになる目標がある。
CADI-SUNのアルミニウムの送電線
 

CADI-SUNの銅の送電線


市場に人気があるCADI-SUN の製品。
CADI-SUNの送電線
CADI-SUN倉庫での配送の様子。

文:ビック・ヴァン
写真:チン・ヴァン・ボー