19/05/2016 10:24 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN主要4ヶ国中、経営環境指数を中レベルに

18日午前、ハノイで、政府事務局と中央経済管理研究院はアメリカの国際開発庁と連携して、経営環境改善・競争力向上に関する政府決議を実現する会議を共催しました。政府事務局の評価によりますと、2年間にわたって同決議を実施して以来、ベトナムの経営投資環境は著しく改善し、競争力が高まるようになり、企業共同体から高く評価されたということです。今後、政府事務局は、関税、税関、社会保険などに関する経営環境改革の実施状況を直接に監視、検査するとしています。
なお、2016年~2017年期、ベトナムは、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアというアセアン主要4カ国の中で、経営環境指数を中レベルにするという目標を設置しています。
ソース:VOV
他の記事