03/07/2015 09:26 GMT+7 Email Print Like 0

AEC‐ベトナムの問われる観光業の挑戦

アセアン経済共同体(AEC)が正式に発足する時、ベトナムはアセアン観光相互承認協定(MRA-TP)に参加する必要がある。その協定を実施することはベトナムの観光に対しての挑戦である。
アセアン観光相互承認協定(MRA-TP)はアセアンの各国の観光関係者のための基礎、観光の需要と供給のバランスである。ベトナムの観光社で働く人はアセアンの各国で、アセアンの各国の観光社の人はべトナムで働くことができる。

2014年、アセアンは外国人の延べ9720万人観光客を歓迎し、2013年より3%増えた。2015年、アセアンへの観光客の数は増える予定。
(ソース:ベトナムの観光局)


そのため、ベトナムの旅行会社の人は 知識・技能を高めめないと、立ち遅れる。他は、ベトナムの観光業は刷新し、改善しないと、労働者を雇用することができない。


現在、ASEANの観光は受付、客室、厨房、観光代理、ツアー管理に対しての標準を設立した。インドネシア、マレーシア、タイなどは労働者に観光サービス資格証明書を許可した。

 


ベトナムのカントー市におけるPothisomron寺を訪問している外国人観光客。
撮影:ミン・クゥオック



ベトナムのファンティエット市、ビントゥアン省におけるリゾート。
撮影:ミン・クゥオック

 

ハノイの文廟-国子監の遺跡を訪問している外国人の観光客。
撮影:チャン・タイン・ザン



タイ放送局にフエ料理について紹介しているトン・ヌ・ティ・ハ氏。
撮影:チョン・チン



フエ市のティン・ザ・ヴィエンにおいて、外国人観光客にフエの料理を紹介しているトン・ヌ・ティ・ハ氏。
撮影:チョン・チン

ベトナムで、観光に関する人材を養成するため、環境と社会に責任を負う観光開発プログラムは、ベトナム観光規範標準(VTOS)を改正した。新たなVTOSはベトナムの規則に合い、ASEANの標準、国際の標準に適合する。

このVTOSはhttp://vtos.esrt.vn/のウェブサイトでベトナム語と英語で掲載されるため社員を雇用する人、観光学校の教師、学生はVTOSの標準が理解できる。


ベトナムの観光局によると、1990年、労働者数は1万2千人から現在180万人まで増えた。ベトナムは今年4万人の追加労働者が必要とされるが、大学、短期大学から卒業した労働者は一年。1500人だけである。

 
ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル