01/11/2014 09:20 GMT+7 Email Print Like 0

31日国会、2014年の経済社会発展状況と15年の任務を討議

31日国会、2014年の経済社会発展状況と15年の任務を討議 2014年10月31日 - 16:45:21 31日、ハノイで開催中の第13期国会第8回会議では2014年の経済社会発展状況と2015年の任務の討議が行われました。討議で、国会議員は政府に対し、企業の困難解決、公的債務の制限、労働生産性の向上を目指す措置を出すよう提案しました。 政府報告によりますと、世界経済は多くの困難に直面しましたが、ベトナム経済社会状況は前向きな変化を見せています。南部ソクチャン省選出のグェン・ドゥク・キェン国会議員は次のように語りました。 (テープ) 「2014年、私たちは14の目標を掲げましたが、その中の13の目標を達成しました。第2はODA政府開発援助、政府債券、公的投資の実施能力も向上されました。第3は2014年中、債務返済期限の長期化のため、巨額の債券を発行します。第4は近年、私たちはベトナムドンと外貨との為替レートを維持できたということです。」 一方、討議の中で、多くの国会議員が交通事故の増加、労働生産性の低さ、汚職の横行などに対する懸念を示しました。 また、同日午前、農業農村開発省のカオ・ドゥク・ファット大臣は農業と農村開発に関するいくつかの問題点を説明しました。この討議の終了にあたり発表を行った際、グェン・ティ・キム・ガン国会副議長は「2015年は経済社会発展5カ年計画の実施における最後の年であり、アセアン経済共同体が構築される年でもある。国会は政府に対し、国内外の情勢の予測を出した上で、具体的な任務を出すよう」要請しました。 ソース:VOV
他の記事