02/03/2015 10:35 GMT+7 Email Print Like 0

2015年-ベトナム・アメリカ友好の印

近間、ベトナム新聞記者のインタビューに応じた、ファン・クアン・ヴィン在アメリカベトナム大使によると、2015年はベトナム・アメリカ両国間の友好関係に対意義的な年、両国間の友好関係を引き続き促進するチャンスであり、ベトナム・アメリカ両国の友好関係樹立20周年記念年である。
 

ファン・クアン・ヴィン大使。撮影:チャン・レー・ラム(Tran Le Lam)-ベトナム通信社

このごろにおけるベトナム・アメリカ両国間の特別な結果については、フ
ァン・クアン・ヴィン大使によると、全面的なパートナーシップは、2013年7月におけるチュオン・タン・サン主席のアメリカ訪問の際に設立され、両国間の友好関係を重要な方針である。

2014年におけるベトナム・アメリカ両国間の友好関係を評価するとき、ヴィン大使によると、この1年間、双方は全面的なパートナーシップに提案される9件の優先的な分野を積極的に実行し、いくつかの成功に達したのに、いくつかの困難に直面する。

達成された結果は意義があり、両国間の友好関係の発展を促進することに貢献を果たした。特に、ベトナム・アメリカ両国間の政治・外交関係はAPECとEASの場におけるチュオン・タン・サン主席・オバマ大統領間の会見、グエン・タン・ズン首相・オバマ大統領間の会見、アメリカ国会の指導者たちの13回のベトナム訪問、ファン・クアン・ギー政治局委員、ファン・ビン・ミン副首相などのアメリカ訪問などの両国間の一連の訪問、会見、会談で、引き続き強化され、

そのほかに、政治、安寧、国防、経済、発展、人権、労働などの分野における11件の対話規制を実現することに関する数多くの両国間の各省庁、各地方間の活動は行われた。
ファン・クアン・ヴィン大使によると、ベトナム・アメリカ両国間の経済関係は両国間の協力に対する重要な役割を有する。アメリカはベトナムの輸出国のトップであり、経済パートナーである。特に、両国間の貿易金額は2014年に、350億米ドル~360億米ドルに達した。その中、ベトナムのアメリカへの輸出金額は280億米ドルに達し、昨年にくらべ、19%増えた。
アメリカは、107億米ドルを投じ700件のプロジェクトを実行したアメリカは、ベトナムへの投資国の第7位にランクされた。双方もTPP協定に関する交渉における実質的な進展している。

科学技術に関する協力は新たな進展に達した。アメリカはベトナムと1,500万米ドルの資金を投じダイオキシン汚染地域を浄化するプロジェクト、750万米ドルの資金で身体障害者の援助プロジェクトなど、戦争の損失、各問題を解決することに関する協力を積極的に実現することを約定した。

ヴィン大使によると、教育協力と、両国間の人民間の交流は、引続き拡大される。現在、ベトナムの1万6千人の留学生はアメリカに留学している。
2014年、アメリカ人観光客は44万3千人で引く続き増え、アメリカはベトナムへの訪れる観光客数は、第4位にランクされた。
アメリカ・ベトナム間の安寧・国防協力は2011年9月に調印された国防協力覚書を実行することに基づき、引き続き促進される。アメリカがベトナムに対する武器禁止令の一部を解除することは高く評価された。ベトナムはの全面的な協力に適応するために、アメリカがベトナムに武器禁止法令のすべてを解除することを提出した。
海上警察分野における協力は拡大させられ、航海能力を高めるために、ベトナムへ1千万8百万米ドルの資金で、援助することは実現される。



 
第25回のアセアン首脳会議のエリアにおいて、Barack Obama
アメリカ大統領と会見するグエン・タン・ズン首相。撮影:ドゥック・タム(Duc Tam)-ベトナム通信社

 
John McCain上院議員と会見するグエン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)首相。撮影:ラム・クアン(Lam Khanh)-ベトナム通信社

アメリカの外務省の本部において、ファン・ビン・ミン外務相と会見するJohn Kerry 外相。撮影:トゥアン・ダット(Tuan Dat)

シンガポールに行われるTPP交渉に参加するベトナム代表団。撮影:レー・ハイ(Le Hai)-ベトナム通信社


Martin Dempsey大将・アメリカ参謀評議会会長を歓迎するドー・バー・ティー(Do Ba Ty)参謀長、国防相副大臣。撮影:チョン・ドゥック(Trong Duc)-ベトナム通信社
ハノイにおいて、行われるアメリカ・ベトナム国防対話。撮影:チョン・ドゥック(Trong Duc)-ベトナム通信社
ダー・ナン空港において、ダイオキシン処理地区を視察するDenise Rollinsアメリカ国際開発機関の指導者。撮影:チャン・レー・ラムーベトナム通信社

 


そのほか、両国はアセアン地域におけるフォーラム、(ARF)、EAS、 APECなどに対して効果的に協力する。今年、アメリカ・アセアン諸国間の国防大臣会議は行われた。
しかし、ヴィン大使によると、それぞれの分野は両国が協力することを促進されるための潜在力がある。そのほか、アメリカは果物、蜂蜜の製品に対する食品衛生政策を施行することにより貿易に関して、両国間の関係はいくつかの困難に直面している。

そのほかに、双方は民主、人権の問題に対する異なる質を有する。これに対して、ベトナムはアメリカと対話し、兵等、尊重の精神で、協力する方針がある。このごろ、数多くのアメリカ国会の指導者はベトナムを公式訪問した。この指導者たちは自由、民主、人権に関する問題を含むベトナムの政策、発展を理解した。

この1年間、両国間の友好関係は積極的に発展を遂げた。

ベトナム・アメリカとの友好関係の目標、優先する問題について、ヴィン大使によると、2015年は両国間の外交関係樹立20周年の記念年であり、両国間の友好関係に対して意義のある年であり、両国の人民の利益、地域内、世界における平和、安寧、繁栄のために、両国間の友好関係を促進するチャンスである。

 
ヴィン大使にとっては、トップの目標は9つの分野において、両国間の全面的なパートナーシップを有効的に利用することであり、主に、経済、科学技術、教育などの分野の協力は重視される。
2015年はベトナム・アメリカ間の外交関係樹立20周年の記念年であるので、両国はベトナム・アメリカ両国間の外交関係樹立20周年の記念活動を効果に実現することは必要である。両国間の訪問を促進することは2015年の意義のある節目でもある。

両国は「アメリカにおけるベトナムの日」活動の開催を計画することは必要である。この活動は、両国間の外交関係樹立20周年の記念に貢献を果たすばかりでなく、両国の人民たちが互いに理解することに援助される。

在アメリカベトナム大使館と在アメリカベトナム公館はこの活動に積極的に参加する。

在アメリカベトナム共同体の役割に対して、ファン・クアン・ヴィン大使によると、在アメリカベトナム共同体には約200万人がいる。在アメリカベトナム共同体の大部分は1975年以降に、アメリカに定住した人たちである。アメリカに定住した40年間後に、在アメリカベトナム共同体の大部分は自分の故郷を常に、愛し、ベトナム発展事業に大きな貢献を果たし、両国間の人民の友好関係を促進することに貢献を果たす。

越僑たちはベトナムの政府、第36の議決をはじめ共産党の越僑に関する政策に対して、満足の意を表す。

在アメリカベトナム大使館の責任はベトナムの政策を越僑に引き続き広めて行き、ベトナムに対する越僑の愛情を高め、越僑が困難を克服することを援助することである。

この問題について、ファン・クアン・ヴィン大使は外国に定住するベトナム人の専門家、科学者の知恵を利用することを強調した。外国における多くの専門家、科学者はベトナム発展事業に貢献するために自分の知恵を発揮させることを希望する。

 
文、写真:ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル
他の記事