28/07/2015 10:08 GMT+7 Email Print Like 0

「ヴオンチムヴィエット」の鳥保護区

ヴオンチムヴィエットの鳥保護区の所有者チャン・ニュー・ザップ氏は、希少な動物を保存することだけでなく、経済的効果のある、新たな職業としてを開発を進めた。
希少な野鳥、家禽の経営を見学するために、私たちはチャン・ヌー・ザップ氏のハノイ、タインチー郡、ドンミー町における「ヴオン・チム・ヴィエット」の飼育場を訪問した。
ザップ氏は希少な野鳥、家禽の保護活動をした最初の人として知られる。

チャン・ヌー・ザップ氏は希少な野鳥を愛し、「ヴオン・チム・ヴィエット」の鳥保護地区を建設した。最初は、2匹のコウライキジを飼育した。その後、産卵させた。ネット上で、コウライキジについて調べ研究した。その後、彼はコウライキジの飼育場を拡大することに決めた。
その時期に、コウライキジはベトナムのレッドリストに掲載された、彼はコウライキジの飼育許可の法的手続きを申請した、許可は難しく大変であった。
ザップ氏は、2009年6月に、コウライキジの飼育許可書を取得した。「ヴオン・チム・ヴィエット」の鳥保護地区は希少な鳥を飼育し、保護する許可書を有する最初の鳥の農場である。
現在ザップ氏の農場には、数万羽のコウライキジが飼育されている。


2ヘクタールの「ヴオン・チム・ヴィエット」農場の模様。
「ヴオン・チム・ヴィエット」農場は多くの鴨を飼育する。
鳥の健康を常に、チェックする。
五色クジャク
希少な五色クジャク
現在、「ヴオン・チム・ヴィエット」鳥の農場のクジャク飼育
経営によって得られる収入は10億ドンに達する。


ポーランドの鶏は経済効果が良い。
ロシアの鴨は「ヴオン・チム・ヴィエット」農場で飼育される。
クジャクに、注射する社員たち。

家禽を経営することのほかに、「ヴオン・チム・ヴィエット」の鳥保護地区は数多くの希少な鳥も飼育する。

「ヴオン・チム・ヴィエット」の鳥の農場の鳥を買うお客たち。

コウライキジのを飼育するモデルの成功の後、現在、「ヴオン・チム・ヴィエット」鳥の農場は100種類の鳥を飼育する。
ザップ氏の「ヴオン・チム・ヴィエット」鳥の保護地区は2ヘクタールの面積で、ベトナムの最大の個人の「ヴオン・チム・ヴィエット」鳥の保護地区として知られる。
現在、ザップ氏は7000羽のキジ、1000羽のクジャク、数千羽の野鴨と数多くの種類の鶏や野鳥で、4つの農場を持つ。
統計書によると、毎月に、ザップ氏の農場は市場に、1000羽のキジ、100匹のクジャク、4000匹の野鴨を売る。毎年、ジャップ氏のクジャク経営からの収入は約10億ドンに達する。
自分の経営方法を発展させるばかりでなく、ザップ氏はクアンニン省、ラオカイ省、ヴィンフック省、ティエンザン省、ホーチミン市などの各飼育場の経営者にキジの飼育方法を援助する。


ザップ氏が考案した孵卵器


鶏の孵卵場。


生後1週間目のクジャク


野鴨は育まれた。

現在、ザップ氏は農民たちに希少な鳥を飼育する方法を教えるために、希少な家禽や鳥の飼育に関する研究本を書いた。
毎年、ジャップ氏は農民たちが希少な鳥を飼育することは高い経済効果がありそれを援助するために、現代的な飼育技術を勉強するために、オーストラリア、シンガポール、タイなどの各国へ研究に出向いた。


文:タオ・ヴィー
写真:タット・ソン