05/12/2015 21:59 GMT+7 Email Print Like 0

OPEC、生産目標棚上げ=イラン増産で合意できず

主要産油国で構成する石油輸出国機構(OPEC)は4日、ウィーンの本部で総会を開き、原油生産方針について協議しました。世界的な供給過剰で原油相場が低迷を続ける中、日量3000万バレルに設定していた生産目標について加盟国間の意見が一致せず、棚上げとしました。
OPECは総会後に公表した共同声明で、生産目標S

及しなかったということです。OPEC加盟国の実際の生産量は直近の10月で日量3138万バレルと、目標を大きく超過しています。
OPECのバドリ事務局長は記者会見で、米欧の経済制裁解除後にイランの増産が見込まれることで、「現段階では数字を決められなかった」と説明しました。来年6月の次回総会で改めて生産目標を決めることを明らかにしました。
ソース:VOV
他の記事