28/02/2016 17:19 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN非公式外相会議、声明発表

ASEAN東南アジア諸国連合は27日、ラオスの首都ビエンチャンで非公式外相会議を開きました。会議終了後に発表された議長報道声明で、中国による軍事拠点化で緊張が高まる南シナ海情勢について「深刻に懸念」していると表明するとともに、「非軍事化と自制の重要性」を強調しました。
声明は中国を名指しすることは避けたが、ミサイルの配備やレーダー施設の設置、戦闘機の展開と南シナ海の軍事拠点化を着々と進める中国の動きをけん制したものです。
声明はまた、「南シナ海での航行および上空飛行の自由」の重要性を確認。状況をさらに複雑化させる恐れのある活動を避け、国際法に従って紛争の平和的解決を追求する必要性を訴えました。
ソース:VOV
他の記事