07/01/2014 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

35年間、絶望からの痛み

2014年1月5日、ベトナムの国防省の会場において、ベトナム祖国戦線中央委員会は西南方国境防衛戦争勝利、カンボジア人と一緒に種族を撲滅制度を覆す35周年記念式典(1979年1月7日‐2014年1月7日)を実施した。
ベトナムのチュオン・タン・サン主席、ベトナム祖国戦線中央委員会のグエン・ティエン・ニャン首席、ベトナムの共産党、指導者、将軍、戦没者の遺族の代表者、下の専門家、ベトナムの元のボランティアなどは同式典に出席した。

カンボジアのヘン・サムリン国会議長、カンボジア祖国発展団結戦線首席、カンボジアのカンボジア‐ベトナム友好協会の会長であるメン・サム・アン副首相はカンボジア代表団の団長としてベトナムで勉強している学生、役員の代表者とともに同式典にも出席した。 

2014年1月5日の午前、ベトナムのハノイにおいて、西南方国境防衛戦争勝利、
カンボジア人と一緒に種族を滅ぼする制度を覆す35周年記念式典(1979年1月7日‐2014年1月7日)が行われた。
撮影:グエン・ザン‐ベトナム通信社

同式典に出席している代表者。撮影:グエン・ザン‐ベトナム通信社


同式典に出席しているベトナムのグエン・タン・サン首席とヘン・サムリン国会議長。撮影:グエン・カン‐ベトナム通信社

同式典で発表するベトナムのチョン・タン・サン首席。撮影:チョン・ドゥック‐ベトナム通信社
同式典の開幕式において、ベトナムのチョン・タン・サン首席は1975年の勝利の後、ベトナムの人民とカンボジアの人民は平和の中、国を復興、発展させることを期待したが、ポルポト政権は裏切り、両国の人民の団結を破り、カンボジアで種族を滅ぼする制度を実施し、ベトナムの西‐南の境界を侵略した。

ポル・ポト政権の戦略の行動と種族を滅させる凶悪な制度を見て、カンボジア救国団結戦線と切願するカンボジア人の要請に応えるために、ベトナムの国家、人民と軍隊は穏当な自衛を実施、カンボジア人とともに。侵略を粉砕、1979年1月7日、種族を撲滅制度を覆した。
«
     カンボジアのヘン・サムリン国会議長は「カンボジアの人民はその功労を感謝し、カンボジアの子孫に記憶させるため、カンボジアの歴史で明記します。ベトナムの共産党の援助がなければ、カンボジアの人民は世界に存在できません。」と述べた。
»

サン首席はそれは両国の勝利と喜びであり、カンボジアとベトナムの独立と主権を保護し、カンボジアの暗黒の歴史を閉じ、カンボジア人を種族撲滅制度から救い、カンボジアの独立、平和と発展の時代を開いた。

サン首席はカンボジアとベトナムの独立、自由。運命、友好、団結のため、東南アジアと世界の平和、安定、発展のために、ベトナムの英雄と戦没者に深い感謝の意を表明した。

サン首席はベトナムの共産党、国家と人民は多くの困難を越え、祖国の西‐南境界を護り、カンボジアとともにこの制度を覆した。

サン首席も両国の人民の団結が永遠に記憶として残り、どの勢力にもこじつけられないと確認した。

サン首席はこの35年間を振り返って、私たちはベトナムとカンボジアの「伝統的な友好、全面、、長期、維持の協力」の関係がベトナムとカンボジアの指導者と人民に教育され、両国の人民に利益をもたらす。

この最近、サン首席は昔の民族を開放することと今の祖国を建設をカンボジアが応援したことについて感謝の意を表わした。
 
同式典で発表しているカンボジアのヘン・サムリン国会議長。撮影:チョン・ドゥック‐ベトナム通信社

同式典で、ヘン・サムリン国会議長はカンボジアの人民の代わりに、ベトナム祖国戦線中央委員会は西南方国境防衛戦争勝利、カンボジア人と一緒に種族の撲滅政策を覆す35周年記念式典(1979年1月7日‐2014年1月7日)に出席した。
 
カンボジアの国会議長はベトナムの兵士の犠牲がなかったら、カンボジアの人民は1979年1月7日の歴史の勝利がない。今、カンボジアの人民はその恩を記憶するために、同式典を実施された。

カンボジアの国会議長は1979年1月7日の勝利から、カンボジア王国は多くの分野で積極的に変わった。ベトナムとカンボジアは友好的、全面の協力関係を設立することに努力、国際のフォーラムでお互いに応援することに確認する。

現在、カンボジアとベトナムはお互いの主権を尊重し、境界の道を設立する協定に調印、経済協力の関係を作り出した。カンボジアはベトナム共産党とカンボジアの人民党の指導の下で、両国の友好・団結が貴重であると見なした。

 
2014年1月7日、カンボジアのプノンペンで行われたベトナム祖国戦線中央委員会は西南方国境防衛戦争勝利、
カンボジア人と一緒に種族を滅ぼする制度を覆す35周年記念式典の写真
 

同式典の開幕式で発表しているカンボジアの国会議長。撮影:チャン・チ・フン‐ベトナム通信社
 
同式典に出席した1万人のカンボジア人。
撮影:チャン・チ・フン‐ベトナム通信社

同式典で演じたパフォーマンス。撮影:スアン・クー‐ベトナム通信社
 

ポル・ポト政権の凶悪についての写真



無罪のカンボジア人の頭をくわで叩くポル・ポト軍隊。
撮影:ベトナム通信社

無罪のカンボジア人の子供の頭を叩いた木。
撮影:スアン・クー‐ベトナム通信社

ポルポト軍が多くの遺体を埋めるところを見ている人々。 
撮影:スアン・クー‐ベトナム通信社N

 

プノンペンのトゥールスレン虐殺博物館。 
撮影:AFP/ベトナム通信社


カンボジアのプノンペンにおける種族撲滅政策の被害者を慕う区域。 
撮影:AFP/ベトナム通信社


カンボジアのプノンペンにおけるChoeung Ekセンターで紹介されている被害者の頭の骨。
撮影:AFP/ベトナム通信社

2011年6月27日、2011年6月27日、国連が援助したカンボジアのプノンペンで実施された特別の裁判は
1975年から1979年まで種族の撲滅制度などを実施した
Khieu Samphan、Nuon Chea、Ieng ThirithとIeng Saryの4人のクメール・ルージュの指導者を裁判した。
撮影:AFP/ベトナム通信社

種族を悪から守る制度などを実施したKhieu Samphan、Nuon Chea、Ieng ThirithとIeng Saryの4人のクメール・ルージュの指導者。
撮影:AFP/ベトナム通信社


文、撮影:ベトナム通信社/ベトナム通信社
他の記事