25/04/2017 09:14 GMT+7 Email Print Like 0

2025年のホーチミン市のビジョン

ホーチミン市は第一の位置に戻る目標がある。その目標は達する可能性がある。そのため、ホーチミン市の政権と人民たちはドイモイの考えで、「申し込む-許可」の制度ではなく、「してみる」、「やってみる」、「冒険する」ことで突破で発展する。それは「2015年のホーチミン市のビジョン」についてのディン・ラー・タン・ホーチミン市党委員会書記の確認である。

インフラの発展と安全・社会の保護


ディン・ラー・タン・ホーチミン市党委員会書記
撮影:キム・フオン

記者:ベトナムの政府の「2020年まで、2025年のビジョンで経済-社会の発展の企画の批准」の決定によると、ホーチミン市は‐多極性を持つモデルとして発展します。ホーチミン市の政権はどのように実施しましょうか?

 ディン・ラー・タン・ホーチミン市党委員会書記:ディン・ラー・タン・書記:ベトナムの政府の「2020年までと2025年までのビジョンで経済-社会の企画の批准」の決定によると、ホーチミン市は‐多極性をもったモデルによりで発展します。そのセンターとなる地域は半径が15kmで4つの極性を持つ。

具体的に、ホーチミン市は現在の中心地にある総合の中心地を有する多心性の方向でホーチミン市を発展する。その中、1区、3区、4区の一部、ビン・タイン省の面積は(930ha)である。トー・ティエム新市街は657haである。4の方向で市のレベルの4の中心地もある。他は、ホーチミン市を主な東と南の方で発展し、西北、西と西南の方向でも投資される。

ホーチミン市の多くの方法で(南の方を除く)の発展のアイディアは1998年から設立されたが、残る方向で核心都市と電車、メトロなどもまだ設立されなかった。そのため、これは将来のホーチミン市が解決すべきの問題である。他は、都市を発展することは核心の地区で集中しなければならない。

連結の問題は2010年企画図案を研究することの中で、重視される。同時に、中央の省庁と協力し、ホーチミン市、南の方の重要な経済地区の潜在力とメリットを発揮する。

南の方の重要な経済地区を発展させるために、「経済特区」の方向で政策を変更しなければならない。ここの「特区」は特別な政策がある小さな地域ではなく、重要な経済地区のオープンな空間である。南の方の重要な経済地区は重要な役割を有し、経済・社会の発展の中の戦略的の意味があり、工業化-現代化の事業の中の業の発展のメリットが集まる。


1877年設立され、1880年完成されたホーチミン市の典型的な古いドゥック・バ教会
 
記者:予測によると、2015年まで、ホーチミン市は人口が千万人がいます。当時、ホーチミン市が世界のレベルの活発な超都市になります。人民たちの安全・社会どんな政策が設立されますか?

ディン・ラー・タン・ホーチミン市党委員会書記:全人口の10%と総面積の0,6%を占めるが、ホーチミン市は全国のGDPの23%を、収入金額の30%を、全国のFDIの20%を占め、全国の科学者の40%が集まった都市でもある。そのことはベトナムの全国に対しての役割を表わしている。

以上の成果を収めたのはホーチミンが安寧・社会の政策をよく実施ている。この数年間、ホーチミン市は多くの実践的なプログラムと政策で人民たちの十分な生活を与え多くの成果を収めた。
社会福祉を向上させることはベトナム共産党と国家の責任であり、ベトナムの制度の良い本質を表わし、ホーチミン市をはじめとする、政治−社会の安定と維持的な発展に対して重要な意義を有する。今までの世代の指導者はホーチミン市の潜在力が効果的に発揮させることがホーチミン市の人民たちの安寧−社会、福祉を保護する基盤となる。

ホーチミン市の党は今まで収めた成果と経験を発揮し、デメリットを克服し、効果的な福祉のシステムを作り出す。経済と社会の発展の計画を実施し、雇用を生み出す。企業が経営を促進させ、人民に雇用を創出することに応援する。保険制度の質を向上させ、同時に国民が保険に加入することも奨励する。これまで 貧困撲滅のプログラムを効果的に実施している。新しい農村計画を実施し、経済を発展させながら環境を保護する。

他は、ホーチミン市も昔のベトナムの革命に貢献した人に対しての特別な政策として介護支援の政策を執行する。その中、社会化、援助の方法を促進し、人民たち、企業、社会、越僑などへ参加を呼びかける。

交通網の改善はホーチミン市の変革に貢献する
撮影:トン・ハイ

維持可能性な方向で都市を開発し、大規模な都市の計画を行う

記者:今と将来の新市街はホーチミン市の経済・社会の発展にどのように影響しますか?

ディン・ラー・タン・ホーチミン市党委員会書記:ディン・ラー・タン書記:新都市の誕生はホーチミン市の必須の政策である。新都市は旧市街の代わりとなり
都市機能が向上し、住宅地があり、雇用を創出し、文化の活動を実施するところである。

各新都市には様々な発展の目標がある。新都市はホーチミン市の発展の各の方向で中心に核を設立し、都市中心のシステムを作り出す。

新都市はホーチミン市の経済の機構の変革に貢献する重要な方法となった。例えば、トゥティエム新都市は財政、貿易、サービスの中心で、タイバック新都市は教育、医療、クリーンな工業などを中心に、9区は高い技術の工業の中心で、ヒエップフオック市街は海運に関する工業、サービスを中心とする。

新都市はホーチミン市の競争性を有する経済の活動に対しての空間であり、手工業を減らし、汚染の防止と新たな企業を誘致し、維持発展させる。

国内外をモデルにして、ホーチミン市は都市計画を企画し、管理することに重視する。2000年、ホーチミン市の党第7回会議において、現代的な方向で都市の管理体制を提出した。それも都市を発展させ、管理することが国の管理の要素にもなり、ホーチミン市党の指導者に指導されたことである。特に、2005年のホーチミン市党の第7回会議から今まで市街を管理し、発展することはホーチミン市の重要な責任である。

交通のインフラを促進することに対してのホーチミン市の指導者は経済の成分は都市のインフラのシステムの設立に参加することを奨励すると指導した。今の多くのインフラはホーチミン市の建築の特徴となっている。それはトゥートィエム橋、フーミー橋、グエンヴァンリン通り、ファムヴァンドン通りなどである。

フーミフン新都市の他、ホーチミン市は3件の他の新都市も設立した。それはヒエップフオック港の都市、トゥティエム新都市、タイバック新都市である。

他は、ホーチミン市は面積が200ha以上である土地で11件の新都市と面積が200ha以下である土地で44件の新都市を建設する予定である。これらは、ホーチミン市の工業化と事業の現代化に効果的に貢献している。

全国の海上の経済の戦略を実施するためのソアイラップ航路の浚渫のプロジェクトの実施は重要な意味を有し、ホーチミン市の港を通じて輸出入の商品の量によく影響を与える。ヒエップフオック港で大きな船に商品を載せることはサイゴン川の港を市内から移動することに促進し、交通の渋滞を減少させ、汚染を防止し、ヒエップフオック港の新市街を発展させることに貢献し、海上に向けた都市の経済・社会の発展の戦略を実施する。

ホーチミン市の南側に建設されたフーミフン新市街
撮影:キム・フオン

記者:記者:ホーチミン市は投資家を引き寄せるために、どのような政策を作り出します?

ディン・ラー・タン・ホーチミン市党委員会書記:ディン・ラー・タン書記:市場経済に移った時から、ホーチミン市は都市企画を研究した。そのため、ホーチミン市は世界から、また特にASEANからの投資家による投資がされた。

ホーチミン市の南方を発展させるアイディアから設立された最初の工事はグエンヴァンリン通りとホーチミン市の南方の新市街である。総面積3000haのグエンヴァンリン通りは重要であり、ホーチミン市の南側の新市街の主要な通りでもある。

ホーチミン市は市街地を区画し、管理することに力を入れ、人民達の生活を向上させ、文化−歴史−建築の遺産を保護し、都市のインフラのシステムを建設し、文明で現代的な都市を設立し、新市街の発展を施す。

他は、投資家のため行政改革も重視された。有利性と透明で平等な投資、経営の環境を作り出す。企業が困難を乗り越えるための援助プログラム、購買促進プログラムなどはホーチミン市の特質を発揮させ、社会に積極的に働きかけ成果をあげてきた。

これまでの40年間、特別な都市として、経済、文化、教育−訓練、科学・技術、交流する地域、南方の重要な経済地帯として、ホーチミン市は 伝統ある革命を起こし、困難を乗り越え、挑戦し、「繁栄なる都市」、「革新的な労働力」としての名誉と呼ばれるために努力する。
 

ホーチミン市2区におけるトゥー・ティエム紳士外の様子
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:キム・フオン、トン・ハイ