25/01/2017 11:04 GMT+7 Email Print Like 0

2017年ダボスにおけるベトナムの印象

2017年1月12日から21日まで行われた、第47回世界経済フォーラム(WEF)の会議において、グエン・スアン・フック首相は、双方と多国の40の様々な活動があった。同会議に出席するベトナム代表団
は多くの活動の中で、貴重な結果を収めた。特に、会議の中で、ベトナムはパブリックプライベートパートナーシップ(PPP)で協力協議と調印した最初の国となった。これを通じて、ベトナムは世界の人材と協力できるようになった。

会議において、グエン・スアン・フック首相は全国を世界企業共同体に刷新する決心で、経済機構の再建設を促進し、今から2020年までの成長段階のモデルについてのメッセージ、政府建設発展建造に関する努力、経営投資環境の改善を促進し、スタートアップ、ドイモイ(刷新)、創造を励むことなどのメッセージを伝えた。


グエン・スアン・フックベトナム首相は様々な活動があった。
撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社

同会議で発表するグエン・スアン・フックベトナム首相
撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社



将来自立できるベトナム経済発展の協力について世界経済フォーラムとベトナムの協力覚書の調印式に出席する
クラウス・シュヴァープ世界経済フォーラムの主席 とフックベトナム首相。
撮影:トン・ニャットーベトナム通信社



ドリス・ロイトハルトスイス大統領と会見するフックベトナム首相。
撮影:トン・ニャットーベトナム通信社



マクシマ・ソレギエタオランダ王妃と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社


マルク・ルッテオランダ首相と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社


クリスティアン・ケルンオーストリア共和国首相と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社

ダボスにおいて、フック首相はスイス、オランダ、オーストリア、世界銀行(WB)、世界貿易機関(WTO)などの指導者と会見した。

重要なことはダボスにおいて開かれた会議で、フック首相はマイクロソフト、 Facebook、Alphabet (Google)、米クアルコム社、Standard Chartered、Prudential、 Alibaba、JETRO、三菱、UPS、 Carlyle、Swiss Reなどの代表者と会見した。フック首相はそのグループがベトナムへの投資を薦めた。ベトナムへの投資を通じて、将来、ベトナムへの投資促進に貢献する。

アントニオ・グテーレス国際連合事務総長と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社



ジム・ヨン・キム世界銀行総裁と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社



ロベルト・アゼベド世界貿易機関(WTO)事務局長と会見するフックベトナム首相。撮
撮影:ベトナム通信社



ジャック・マー中国・アリババ社(阿里巴巴集団)会長と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社


Bradford Smithマイクロソフトのプレジデント兼最高法務責任者(CLO)氏と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社



ポール・マンジュカプルデンシャル会社社長と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社


米クアルコム社のCEO Paul Jacobs氏と会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社


デイビッド・M・マーチック カーライル・グループマネージング ディレクターと会見するフックベトナム首相。
撮影:ベトナム通信社
特に、同会議で、ベトナムと世界経済フォーラムは協力協議に調印した。世界経済フォーラムは経済再構築、競争力を向上させることについての将来の変動の前に、ベトナムが経済の発展維持を援助する。ベトナムはパブリックプライベートパートナーシップ(PPP)で協力協議と調印した最初の国となった。この期を通じて、ベトナムは世界の人材と協力できるようになった。

他は、同会議に参加することは世界にAPEC首脳会議2017年をアピールする機会である。同会議において、フック首相はAPEC首脳会議2017年の支援を世界の組織、世界の経済グループに呼びかけた。
 
ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル
他の記事