13/01/2017 15:01 GMT+7 Email Print Like 0

2016年のASEAN

1年間前、東南アジア諸国連合(ASEAN)共同体は正式に設立された。それはASEANの発展の重要な段階である。2016年は、2025年までのビジョンの開始の年である。ASEANは良い結果を収めたが、まだ多くの課題が残されている。
最初の結果

設立から1年間後のASEAN共同体が収めた結果について評価すると、ASEANにおけるベトナム代表団のグエン・ホアン・ナム団長は政治と安寧、経済、文化と社会の分野での実施が積極的な結果を収めた。

2025年ASEAN 政治・安全保障共同体(APSC)についての290件の計画の内140件は実施された。経済、文化-社会の分野は大きな成果をあげた。

注意することは、以前と比べると、ASEANの行動が計画的に実施され、問題が発生した時、監察、評価、陳情のシステムを作り出したことである。
の宣言、計画、方向を批准した。

他は、ASEANが新たなパートナーとの協力関係を拡大し、スイスとドイツとのパートナーとして対話規則と発展パートナーの規制を与え、チリ、エジプト、イラン、モロッコに協力と親密的な条約を拡大する。

他は、2016年、ASEANは第28回ASEAN会議で批准されたASEAN連結マスタープラン」(MPAC)、3段階は、ASEAN連携案の行動計画を作り出し、ASEANの各国がこれから2025年までの実施項目を完成する。


ASEAN 政治・安全保障共同体(APSC)が設立した1年間後、
政治-安寧、経済、文化-社会の分野で実施することが積極的な結果を収めた。
写真説明:ラオスで2016年第29回ASEAN会議で記念写真を撮影するASEANのメンバーの代表団の団長
撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社

Ảnh: Thống Nhất/TTXVN 


ラオスで2016年第29回ASEAN会議にあたり、「ASEAN@50観光」の運動をスタートする式に出席するASEANの代表団団長
撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社



2016年、ASEAN-中国外相会議で、
両国は南シナ海における関連国の行動宣言(DOC )を実施するASEAN-中国共同宣言を出した。



南シナ海における平和と安全の問題はASEANの各国に関心がもたれる。
写真説明:インドネシアで開催された「ASEANの視点から南シナ海における紛争に対しての平和的な解決」と題されたセミナー。
撮影:ドー・クエン-ベトナム通信社



ラオスで行われた2016年第48回ASEAN経済外相会議
撮影:新華社-ベトナム通信社



ラオスで行われる第4回ASEANの各国の都市の市長との会議
撮影:ファム・キエン-ベトナム通信社


ASEAN書紀委員会はASEANについての情報セミナーを行った。
撮影:ド・クエン-ベトナム通信社
困難と挑戦

しかし、ASEANの新たな発展段階で、国内外からの困難と挑戦に対面する。

国内の問題はASEANのシステムが効果的に実施され、ASEANとパートナーの協力およびASEANの中での協力の要求に応じる能力を補充し、今の状況で問題を処理する。共同体を築くプログラム、計画を実施することで各の国の機関の協力も必要である。

他は、ASEANの実践が、人々に利益を与えるように、各国が同じ計画を実施すべきである。他は、ASEANの問題の1つはプログラム、協力プロジェクトを実施する人材の不足である。

グエン・ホアン・ナム大使によると、以上の問題はASEANの各国と引き続き会談し、ASEANの活動を改新し、そのシステムの能力を向上させ、貿易、投資、労働、交通の方法を円滑化し、ASEANの中の連携システムを作り出す。

安寧は、非伝統的な安寧の問題から貿易保護、大きな国の中の問題、南シナ海における複雑な事情などもASEANの新たな挑戦である。そのため、ASEANがASEANの位置を向上させることで、団結を維持し、センターの役割を発揮することが重要であり、地域における平和、安定、安寧、発展に貢献する。

ベトナムの貢献

ASEANにおけるベトナムの代表団によると、ASEAN共同体の発展にベトナムの貢献は高く評価する。

積極性、主導的、責任感の精神で、ASEANの新たな発展段階として、ベトナムは3つの分野で共同体を築く活動を実施するために引き続きASEANの各国と協力し、ラオスのビエンチャンの会議でASEANの指導者に批准された発展の格差を縮めることについてのイニシアチブを展開する。


2016年ASEAN経営首脳会議に出席するグエン・スアン・フック首相。
撮影:トン・ニャット-ベトナム通信社



ASEANのシステムのワン・ストップ・サービスについての国家指導委員会の第1回会議を主催した。
撮影:ホアン・フン-ベトナム通信社



ASEANに加入する際の社会の需要に応じるベトナムの観光開発の人材養成」と題されたセミナー。
撮影:アン・ヒエウ-ベトナム通信社



「2016年マレーシア、インドネシアとベトナム」と題された音楽会。
撮影:トゥー・ハン-ベトナム通信社



ホーチミン市で行われた「ASEANの若者-あなたはだれ?」と題された英語
スピーチのコンテスト
撮影:アン・ヒエウ-ベトナム通信社
他は2017年はASEAN創立50周年記念式の年である。ASEANの各国の人々の交流を促進するために、ベトナムはフィリピンを含む各国と協力し、その記念式に向けの活動に参加する。

グエン・ホアイン・ナム大使は地域と世界で複雑な問題が発生した時、ベトナムはASEANの各国と協力し、団結し、平和、安寧の維持、ASEANとパートナーの関係を促進するために地域における問題の解決にASEANのセンターの役割を充分に発揮させると強調した。
特に、2017年の中、ベトナム国の担当はASEAN-インド関係の管理、ASEAN統合イニシアティブ(IAI)の首席、ASEANと太平洋連盟の関係を管理を担当する。

ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル