09/03/2017 15:01 GMT+7 Email Print Like 0

鶏武術の技術

鶏の動作を見ることから、ベトナムの伝統的な武術は面白い武術の技術を想像した。
現在、ベトナムの伝統的な武術の中、紅鷄挙、挙鷄一足、金鷄挙、金鷄刀などの鶏武術の技術がある。

伝説によると、紅鷄挙(闘鶏の拳)はベトナムの17世紀のタイソン家族の運動の指導者の一人であるグエン・ルに想像された。紅鷄挙は闘鶏の動作に基づき想像された。
Takhado派は紅鷄挙があるが、その武術の技術はベトナムの伝統的な武術協会の武術の技術と違う。

タン・カイン−バ・チャ派の紅鷄挙の技術の一つ


闘うことを準備する闘鶏の姿勢に基づく武術の技術


闘鶏が相手の頭を打つ姿勢に基づく武術の技術の一つ


闘鶏の姿勢に基づく武術の技術の一つ


闘鶏が相手を蹴る姿勢に基づく武術の技術の一つ


鶏が一本の足で立つ姿勢に基づく武術の技術の一つ


闘鶏の姿勢に基づく武術の技術の一つ


闘鶏の姿勢に基づく武術の技術の一つ


闘鶏の姿勢に基づく武術の技術の一つ


闘鶏のひづめを象徴する2本の剣


闘鶏の姿勢に基づく武術の技術の一つ


闘鶏の姿勢に基づく武術の技術の一つ


闘鶏の姿勢に基づく武術の技術の一つ


鶏武術を演じるレー・ミン・ハイ門生


相手を蹴る鶏の足


闘鶏の姿勢に基づく武術の技術の一つ


鶏武術を演じるレー・ミン・ハイ門生


鶏武術を演じるレー・ミン・ハイ門生
 
タン・カイン−バ・チャ派のホ・トゥオン武術家は鶏武術が足、手と体の動作に集中し、闘鶏が侵攻し、防守することのような動作がある。

ベトナムの伝統的な武術の門生は闘鶏を練習するために、少なくとも中級のレベルからである。闘鶏は早く、丈夫な動作が必要である。そうすると、門生は自衛ができ、相手と効果的にファイトできる

文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアン

他の記事