14/12/2015 14:25 GMT+7 Email Print Like 0

魅力あるモンカイ市

昔から、クアンニン省モンカイ市は、国内外の観光客にベトナムの東北地域の貿易センターと知られ、「天国市場」と呼ばれる。
モンカイ市はベトナムのクアンニン省ハロン市から国道18号線で200kmの所にあり、昔、マンニャイと呼ばれ、地理、政治、経済、国防-安寧について優れた都市である。

そのため、モンカイ市は1996年から、経済のモデル地域となり、中国の広西省に近いため、貿易センター、レストラン、ホテルなどが建てられ、ベトナムの東北地方で「天国市場」と呼ばれる。
 
現在、モンカイ市は14の市場と貿易センター、数千件の店がある。



モンカイ市の夜の風景。
撮影:タット・ソン



高所から見たモンカイ市の市場とカロン橋。
撮影:タット・ソン



ファッションセンター地域。
撮影:タット・ソン



自由に購入できる観光客。
撮影:タット・ソン



モンカイ市が2050年までのビジョンとしてモンカイを出入国地点にする計画を進めている。
撮影:資料

モンカイ市場はチャンフー通りにあり、多くの観光客を集め、ヴィンコ貿易センターとともに、電化製品の「天国」であると知られている。

活発な市であるが、モンカイ市は伝統的な特徴も維持している。それはベトナムのクアンニン省モンカイ市と中国の広西省をつなぐカロン川である。

そして、カロン川に架かるカロン橋はモンカイ市のシンボルであり、フランス人の女性の建築家によって設計され、1964年に建設された。この橋は石で作られたベトナムで唯一の橋であり、有名な観光名所でもある。

地理、風景、経済の潜在力を持つモンカイ市は2050年までのビジョンとして、主要的経済地域になるプロジェクトを実施している。

将来、モンカイ地区はホン川のデルタにおける活発な地区で、北部の海岸線での経済のセンターで、ベトナム-中国とASEAN各国の商取引の場所になる。


国際標準に達するモンカイゴルフ場


国際レベルのレストランやホテル。
撮影:資料



モンカイ市にあるチャコ教会。
撮影:資料



モンカイ市の南方にあるヴィントゥック島。
撮影:資料



ヴィントゥック島は多くの観光客が集まる。
撮影:資料


モンカイ市のチャンフー通りの歩道。
撮影:タット・ソン

文:タオ・ヴィー
撮影:タット・ソンと資料