15/05/2016 16:59 GMT+7 Email Print Like 0

陶器で活性化するキムラン村

ハノイのザラム県キムラン村の陶土から、キムラン村の人々の手で造られた陶器は、村の人々の生活を改善させた。
長い間、キムラン村の人々は伝統の窯を使用した。この方法では燃焼温度が低く炭を多く使い効率が悪い。それに、これによる煙は、周辺の人々の健康に悪い影響を与える。

資金投資について農民たちの苦悩を理解した在ベトナムデンマーク大使館はベトナム工商省と協力し、環境改善として650万米ドルを援助した。その内窯業について、工業用の窯に投資する家族に対し50パーセントの資金援助をした。

 

ガス窯方式の他、キムラン村の人々は手でも陶器を作る。


キムラン村の人々は注文を受け、手で陶器を作る。手で作られた陶器は
鋳型で作られた陶器より価値が高いである。


キムラン村の鉢を生産する場所

模様を書いている職人

釉薬を掛ける前の製品


キムラン村の陶器製造


 
キムラン村は、5年前1000窯があったが、除去にガス窯と変えられ、現在100窯が残っている。

キムラン村でどこでも陶器が並んだ様子が見られる。


炭を使うことは環境に悪い影響を与え、しかも窯の中で破損する物も多い。


乾燥された陶器は、20時間ガス窯で焼かれ、2日間後には販売できる。


キム・ラン村で生産された製品


クアン・ガイ省、クアン・チ省などの中部の省で販売されているキム・ラン村の製品


キムラン村の製品は多くの人々に人気がある。
キムラン村の統計では5年前、で1000窯の古くからの方式が使われた。ガスを使った窯の普及により、現在、村全体で100窯が残っている。村の製品は全国で販売されている。

新しい技術を使うことはキムラン村の人々の生活を改善させ、環境に優しく、多くの人々に人気がある。

文:クイン・アイン
撮影:コン・ダット