15/07/2015 09:10 GMT+7 Email Print Like 0

開発目標の達成に向け4千億ドル以上の支援=国際金融機関

MDBs=国際開発金融機関とIMF=国際通貨基金は、今後3年間で4千億ドル以上の支援を提供すると発表した。また、持続可能な開発目標の達成というかつてない規模の課題達成に資金を動員すべく、官民両セクターとこれまで以上に緊密に協力していくことを表明した。
今回の発表は、7月13~16日にエチオピアのアディスアベバで開かれる第3回開発資金国際会議に先立ち、国際開発金融機関(MDGs:アフリカ開発銀行、アジア開発銀行、欧州復興開発銀行、欧州投資銀行、米州開発銀行、世界銀行グループ)とIMFが行ったものである。
MDBの開発資金は、2001年の500億ドルから2015年には1,270億ドルまで増加した。MDBsは毎年、加盟国の資金1ドルにつき、新たに2~5ドルの支援を確保することができる。また、MDBs自身の民間セクター直接投資はこの期間に4倍に増えた。民間セクター事業への直接投資の場合、 1ドルの投資につき2~5ドルの民間投資が動員されている。今回の、向こう3年間で4千億ドル以上の支援を提供するという発表には、各機関による財務基盤強化へのより一層の取り組みも含められている。
ソース:VOV
他の記事