18/01/2016 13:41 GMT+7 Email Print Like 0

開拓功労者バイ・ホン女史

バイ・ホン女史は1986年、36歳の時、労働功労賞を受けたメコンデルタ地域における最初の女性であり、ドンタップムオイの稲作栽培の開拓に貢献した。
彼女のフルネームは、ヴォー・ティ・ホン氏であり、1950年に生まれ、ドン・タップ・ムオイ地区で戦争で通信を担当した。

全国統一後、ドンタップムオイ地区を開拓し、稲作の栽培技術をここで利用することを決めた。バイ・ホン女史は、30haの土地を開拓し、多くの技術を応用し、稲を栽培した。

バイ・ホン女史は1986年、36歳の時、労働功労賞を受けたメコンデルタ地域における最初の女性である。
撮影:レー・ミン



ヴォー・ティ・ホン女史と農民たち。
撮影:トン•ハイ


農民たちと経験を分かち合っているホン氏。
撮影:レー・ミン



数十年間の経験で、ホン氏はドンタップ地区のにおける米の特徴が理解できる。
撮影:レー・ミン



バイ・ホン女史は、30haの土地を開拓し、多くの技術を応用し、稲を栽培した。
撮影:レー・ミン



ホン女史の功績を称え、彼女は多くの高貴な賞を受けた。
撮影:トン・ハイ


多くの功績上げた、ホン女史はメコンデルタにおける農民たちに仰がれる。1986年、ホン氏は全国労働功労受賞会において、農業成績について発表をした3人の代表者の一人であった。

文:ソン•ギア
撮影:レー•ミン、トン•ハイ