10/06/2016 15:07 GMT+7 Email Print Like 0

輸出するバナナ

バナナの栽培促進は、バナナの木の植替式を優先とした方法を応用し、現在、フンエン省コアイチャウ県、トゥザン集落、ダイタップ集落、ドンケット集落、ドンニン集落で、実施されている。
この数年間、フン・イエン省コアイ・チャウ県の収入は、バナナの栽培が、主力となっている。

フンエン省ダイタップ集落にいるファム・ナン・タインさんはバナナを栽培した最初の人であり、バナナの栽培に掛かる費用は少なく、特別な技術も要らないと述べた。また、バナナを消費市場も拡大されているため、生産者も効果的に栽培できる。

2014年からタインさんはVietGapでバナナの栽培を始めた。井戸と川の水を使った自動散水システムは、効果的で肥料の量も少なく、手間が掛からない。


バナナの栽培は、フンエン省コアイチャウ県の主な収入になっている。


主にバナナは川岸で栽培されている.


収穫前のバナナ


自動散水システム


収穫された後、新たなバナナの木が栽培される。


収穫された後、バナナは輸出される前、選別される。


バナナの梱包作業


Tecto 0,2%の溶液にバナナ浸す


輸出用のバナナの皮は、自然な明るい色をしている。


毎日、トゥアン・タム・タイン社はロシア、マレーシア、韓国などへバナナを輸出している。
 

2015年、タインさんは面積30haの土地にVietGap方法で一年間、1,500tのバナナを生産した。

タインさんによると、バナナの種は実験室で生産されるという。この方法を使うと、計画的な生産が可能であり、安全である。

窒素肥料はバナナの質、バナナの成長だけでなくバナナの輸送の際の、品質保存にも影響する。

毎日、トゥアン・タム・タイン社はロシア、マレーシア、韓国などへバナナを輸出している。

コアイチャウ県農業農村開発室のグエン・ヴァン・ダット課長はバナナを栽培する土地の面積は現在500haに拡大されている。

毎年、バナナの生産量は3万トンに達し、コアイチャウ県は大きな規模でバナナの栽培を企画している。



文:クイン・アイン
撮影:コン・ダット