28/04/2017 10:54 GMT+7 Email Print Like 0

越日、障がい者スポーツの発展に協力を強化

26日午後、ハノイで、ベトナム障がい者スポーツ協会の代表は日本・長崎県の指導者の代表団と会合を行い、両国間の障がい者スポーツの発展に向けて協力の強化措置について討議しました。

会合で、ベトナム障がい者スポーツ協会のホアン・ズ副会長は、日本政府と日本障がい者スポーツ協会が、2020年東京パラリンピックに向けて、ベトナムの障がい者水泳、及び障がい者パワーリフティングのナショナルチームのトレーニングに有利な条件を作り出してきたことに感謝しました。また、ズ副会長は「長崎県は、引き続きベトナムの障がいのある選手の日本でのトレーニングコースや親善試合の参加に便宜を図るよう」希望しました。

一方、長崎県の小林こばやし 克敏かつとし議会議員はベトナムの障害者スポーツ代表団を日本でトレーニングコースに受け入れる意向を表明しました。
ソース:VOV
他の記事